アドレナリン受容体 | 薬剤師の仕事研究室

アドレナリン受容体 | 薬剤師の仕事研究室

アドレナリン受容体

交感神経と副交感神経の節後線維から放出されたノルエピネフリンやアセチルコリンなどの情報伝達物質は、末梢臓器などに存在するアドレナリン受容体やアセチルコリン受容体に結合することで、身体に様々な効果を発生させます。

 

アドレナリン受容体は、交感神経節後線維から放出されたノルエピネフリンやエピネフリンを受け取り、効果器に情報を伝える役割を担います。

 

アドレナリン受容体には、α受容体とβ受容体があり、α、β受容体はサブタイプである、α1,α2受容体および、β1、β2,β3受容体等に分類されます。

 

 

交感神経節後繊維終末でのノルエピネフリンの生成過程

 

交感神経は、主にノルエピネフリンを放出することで情報伝達を行っています。

 

ノルエピネフリンは交感神経節後繊維(効果器に情報伝達を行う神経)の終末膨大部で合成されているのですが、その合成はチロシンからいくつかの合成過程を経ることで行われています(下図参照)

 

ノルエピネフリンの動態

 

細胞外液から能動的に取り込まれたチロシンは、細胞質に存在するチロシン水酸化酵素とドパ脱炭酸酵素の作用を受けてドパミンとなり、シナプス小胞に取り込まれます(ただし、シナプス小胞はノルエピネフリンの他にもアスコルビン酸、ドパミンβー水酸化酵素、ペプチド類、副腎髄質由来の少量のエピネフリンも含む)。

 

シナプス小胞内でドパミンβー水酸化酵素(DBH)によってノルエピネフリン(NE)に変換されて貯蔵されますが、副腎髄質ではさらにフェニルエタノールアミン-N-メチル転移酵素でメチル化されてエピネフリン(Epi)となります。

 

貯蔵されたNEは、神経終末部の興奮により、貯蔵された他のカテコールアミンといっしょに神経効果器接合部(神経と効果器の間)に放出されます。ただし、大部分は受容体を刺激せずに、すぐにシナプス前膜にある輸送体(アミンポンプ@)によって神経終末に取り込まれます。
放出された一部が、アドレナリン作動性受容体(α受容体、β受容体)に結合して生理反応を引き起こします。

 

また、アミンポンプは放出されたカテコールアミンの種類に対して親和性の違いがあるため、アミンポンプに取り込まれなかった物質は別の経路を経て、神経以外の細胞にも取り込まれます(A)。

 

交感神経の神経効果器接合部には、コリンエステラーゼ(副交感神経系に存在する、アセチルコリンを強力に代謝する酵素)のような強力な代謝酵素が存在しないため、2つの取り込み機構は交感神経系による神経伝達を緩やかに終わらせるために非常に重要な働きを担っています。

 

ノルエピネフリンを含むカテコールアミンを代謝するのに主要な役割を担うのは、ミトコンドリア外膜に存在するモノアミン酸化酵素(MAO)と、細胞質に存在するカテコール-O-メチル転移酵素(COMT)です。交感神経節後繊維内ではMAOの活性は高くCOMTの活性は非常に低いので、アミンポンプによって取り込まれたカテコールアミンは、そのままシナプス小胞へ戻るか、MAOによる酸化的脱アミノ化反応を受けます。

 

スポンサーリンク

アドレナリン受容体の構造と分布

 

アドレナリン受容体はα受容体、β受容体に大別でき、それらのサブタイプの中で薬理学的に重要なものは、α1、α2、β1、β2、β3受容体です。

 

これらの受容体はいずれもタンパク質共役型で、α1はGq、α2はGi、β1、β2はGsタンパク質を介して酵素活性を調節しています。

 

受容体Gタンパク質反応
β1、β2、β3Gsアデニル酸シクラーゼ活性化
α2Giアデニル酸シクラーゼ抑制
α1GqホスホリパーゼC活性化

 

アドレナリン受容体には次のような性質があります。

 

  1. 臓器により各受容体(サブタイプ)の分布が異なる
  2. 同じ受容体を刺激しても得られる生理・薬理反応は細胞によって異なる

 

このような性質から、同じ薬物が作用したとしても、臓器により現れる反応の性質は異なります。
消化管のような例外もありますが、一つの臓器において、α受容体とβ受容体の刺激はだいたい逆の反応を引き起こします。

 

どの臓器にもアドレナリン受容体のサブタイプが混在していることは、薬の全身的な副作用につながります。例えば、α1、α2両受容体を遮断する薬は、反射性頻脈などの副作用が問題となります。
そのため、最近では一つの受容体に選択的に作用または遮断する薬が、安全性と使いやすさから臨床でよく使われています。

 

α2刺激薬には、中枢作用性の抗高血圧薬として用いられている薬があります。

 

β受容体に作用する薬では、β2受容体に選択的に作用する気管支拡張薬があります。これは、β1刺激作用が少ないため、心臓に負担をかけにくいという利点があります。

 

また、労作型の狭心症では心臓の働き過ぎを抑えるため、心機能抑制効果のあるβ遮断を使用します。その中でもβ1選択的遮断薬はβ2受容体への作用が弱いため、喘息を悪化させる副作用が少ないです。

 

アドレナリン受容体に作用する薬の種類

 

 

アドレナリン作動薬とは、交感神経節後繊維の支配する効果器のαあるいはβ受容体に興奮的に作用する薬です。
作用方式は3つに分類できます

 

  • 直接型:アドレナリン受容体(α、β)に作用するもの
  • 間接型:交感神経終末に作用してカテコールアミンを放出させることで作用を現すもの
  • 混合型:両方の性質をもつもの

 

直接型と間接型

 

医療薬学コンテンツ・基礎編 記事リストへ

 

 

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる



「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?


読んでない専門書・教科書を有効利用しませんか?


詳細はこちら→医学書・薬学書を処分したい!それなら教科書買取サービスがお得です



スポンサーリンク







関連ページ

薬の作用機序
理想的な薬の条件
薬の投与方法
薬物受容体とは
薬物受容体の構造と細胞内情報伝達機構
自律神経の働き
自律神経の拮抗的二重支配
カテコールアミン
アドレナリンα1受容体刺激薬
アドレナリンα1受容体遮断薬
アドレナリンα2受容体刺激薬
アドレナリンβ1受容体 刺激薬
アドレナリンβ2受容体 刺激薬
アドレナリンβ3受容体とアドレナリンβ3受容体刺激薬
アドレナリンβ受容体遮断薬
アドレナリンα・β受容体 遮断薬
アセチルコリン受容体
ムスカリン受容体刺激薬
ムスカリン受容体遮断薬(抗コリン薬)
コリンエステラーゼ阻害剤
ドパミンとドパミン受容体の種類
ドパミンD2受容体刺激薬
ドパミンD2受容体遮断薬
セロトニンとセロトニン受容体の種類
セロトニン 5-HT(1A)受容体刺激薬
セロトニン 5-HT(1B/1D)受容体刺激薬
セロトニン 5-HT(2A)受容体遮断薬
セロトニン 5-HT(3)受容体拮抗薬
セロトニン 5-HT(4)受容体刺激薬
ヒスタミンとヒスタミン受容体の種類
ヒスタミンH1受容体拮抗薬
ヒスタミンH2受容体拮抗薬
ベンゾジアゼピン受容体とGABA受容体
ベンゾジアゼピン系薬の作用と副作用
バルビツール酸受容体とバルビツール酸系睡眠薬の特徴
メラトニンとメラトニン受容体作動薬(ラメルテオン)
オレキシンとは?「覚醒システム」「睡眠システム」とオレキシンの関係
オレキシン受容体拮抗薬(スボレキサント)の作用と副作用
グルタミン酸受容体(NMDA)拮抗薬(メマンチン)の作用と副作用
薬の吸収(経口投与) | 薬物動態
消化管以外からの薬の吸収
薬の分布 | 薬物動態
薬の代謝 | 薬物動態
薬の排泄 | 薬物動態
吸収過程での薬物相互作用
分布過程での薬物相互作用
代謝過程での薬物相互作用
排泄過程での薬物相互作用
薬力学的な薬物相互作用
いろいろな薬物相互作用(物理化学的相互作用・食物、環境物質などとの相互作用)

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先