ヒスタミンH2受容体拮抗薬 | 薬剤師の仕事研究室

ヒスタミンH2受容体拮抗薬 | 薬剤師の仕事研究室

ヒスタミンH2受容体拮抗薬

ヒスタミンH2受容体の作用には、血管拡張作用、胃酸分泌促進作用がありますが、臨床上、もっとも重要となるのは、胃酸分泌促進作用です。

 

多量のヒスタミンが胃壁細胞のヒスタミンH2受容体に作用すると、胃酸が多量に分泌されます。
過剰に分泌された胃酸は、自己の胃壁まで消化してしまうことから、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の発生を促すことになります。

 

ヒスタミンH2受容体拮抗薬の作用

 

H2ブロッカーと呼ばれるシメチジン(商品名:タガメット)やファモチジン(商品名:ガスター)は、ヒスタミンH2受容体拮抗作用により、胃酸の分泌を低下させます。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍は胃酸の過剰分泌が原因であることが多いので、H2ブロッカーにより症状を和らげることができます。

 

「ガスター10」に代表されるH2受容体拮抗薬は、ドラッグストアでも購入できます。

 

しかし、胃潰瘍などの症状が進行し本格的な治療が必要となると、プロトンポンプ阻害剤(PPI)と呼ばれる薬を使わなければなりません。PPIはH2ブロッカーよりも強力に胃酸分泌を抑制します。

 

「医薬品例」
  • ガスター(ファモチジン)
  • タガメット(シメチジン)
  • ザンタック(ラニチジン塩酸塩)
  • アルタット(ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩)
  • アシノン(ニザチジン)
  • プロテカジン(ラフチジン)

 

スポンサーリンク

 

ヒスタミンH2受容体拮抗薬の副作用

 

ヒスタミンH2受容体拮抗薬の副作用は非常に少なく、安全な薬といえます。

 

これは、胃以外の組織ではH2受容体の作用が限られていることと、血液脳関門の透過性が低いことによると考えられています。

 

高齢者は「認知機能低下」「せん妄」のリスクが高い

安全性が高いH2受容体拮抗薬と言えども、服用しないほうがいい場合があります。
それは高齢者です。

 

「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015(案) - 日本老年医学会」によると「高齢者がH2受容体拮抗薬を服用すると認知機能低下、せん妄のリスクが高いため、可能な限り使用を避けること」とされています。
いわゆる「ガスターせん妄」です。

 

なぜ、胃薬が脳機能に影響をおよぼすのでしょうか。
はっきりとした原因は分かっていませんが、可能性の一つとして「ヒスタミン」があります。

 

ヒスタミンは中枢神経系に分布しているヒスタミンH1受容体に作用することで、覚醒作用を示します。(※参考記事:ヒスタミンH1受容体拮抗薬
ヒスタミンH2受容体拮抗薬は、同じサブタイプであるH1受容体にもわずかながら作用していると考えれば、脳機能を低下させても不思議ではありません。

 

さらにH2受容体拮抗薬はほぼ「腎排泄型」であるため、腎機能が低下している高齢者であるほど薬効が強く発現しやすいと考えられます。
※ラフチジンは肝代謝型

 

高齢者には、H2受容体拮抗薬よりもPPIを用いたほうが安全といえるでしょう。

 

抗アンドロゲン作用

シメチジンやファモチジンの副作用として、女性化乳房、乳汁分泌が報告されています。

 

これは、薬がアンドロゲン受容体に結合し、抗アンドロゲン作用を引き起こすためであるといわれています。

医療薬学コンテンツ・基礎編 記事リストへ

 

 

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加


失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる



「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?


〇読んでない専門書・教科書を有効利用しませんか?


詳細はこちら→医療系の専門書を売るなら教科書買取サービスがお得!



スポンサーリンク







関連ページ

薬の作用機序
理想的な薬の条件
薬の投与方法
薬物受容体とは
薬物受容体の構造と細胞内情報伝達機構
自律神経の働き
自律神経の拮抗的二重支配
アドレナリン受容体
カテコールアミン
アドレナリンα1受容体刺激薬
アドレナリンα1受容体遮断薬
アドレナリンα2受容体刺激薬
アドレナリンβ1受容体 刺激薬
アドレナリンβ2受容体 刺激薬
アドレナリンβ3受容体とアドレナリンβ3受容体刺激薬
アドレナリンβ受容体遮断薬
アドレナリンα・β受容体 遮断薬
アセチルコリン受容体
ムスカリン受容体刺激薬
ムスカリン受容体遮断薬(抗コリン薬)
コリンエステラーゼ阻害剤
ドパミンとドパミン受容体の種類
ドパミンD2受容体刺激薬
ドパミンD2受容体遮断薬
セロトニンとセロトニン受容体の種類
セロトニン 5-HT(1A)受容体刺激薬
セロトニン 5-HT(1B/1D)受容体刺激薬
セロトニン 5-HT(2A)受容体遮断薬
セロトニン 5-HT(3)受容体拮抗薬
セロトニン 5-HT(4)受容体刺激薬
ヒスタミンとヒスタミン受容体の種類
ヒスタミンH1受容体拮抗薬
ベンゾジアゼピン受容体とGABA受容体
ベンゾジアゼピン系薬の作用と副作用
バルビツール酸受容体とバルビツール酸系睡眠薬の特徴
メラトニンとメラトニン受容体作動薬(ラメルテオン)
オレキシンとは?「覚醒システム」「睡眠システム」とオレキシンの関係
オレキシン受容体拮抗薬(スボレキサント)の作用と副作用
グルタミン酸受容体(NMDA)拮抗薬(メマンチン)の作用と副作用
薬の吸収(経口投与) | 薬物動態
消化管以外からの薬の吸収
薬の分布 | 薬物動態
薬の代謝 | 薬物動態
薬の排泄 | 薬物動態
吸収過程での薬物相互作用
分布過程での薬物相互作用
代謝過程での薬物相互作用
排泄過程での薬物相互作用
薬力学的な薬物相互作用
いろいろな薬物相互作用(物理化学的相互作用・食物、環境物質などとの相互作用)

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先