医薬品卸編 | 薬剤師の仕事研究室

医薬品卸編 | 薬剤師の仕事研究室

医薬品卸編

医薬品卸

 

医薬品卸は、医療に欠かすことのできない医薬品を、病院や薬局に配達する仕事を主に行っています。

 

つまり、製薬会社と医療機関を結ぶ潤滑油、とも言えるでしょう。

 

また、医薬品卸の仕事は薬の配達以外にも、情報提供、経営コンサルタントなど多岐に渡ります。

 

ここでは、医薬品卸のシステムとそこで働く薬剤師について説明します。

 

医薬品卸編・コンテンツ

 

  1. 医薬品卸とは
  2. 医薬品卸とMS(Marketing Specialist)
  3. 医薬品卸の管理薬剤師
  4. 医薬品卸の薬剤師の年収と労働環境

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

医薬品卸編 | 薬剤師の仕事研究室記事一覧

医薬品卸とは | 薬剤師の仕事研究室

医薬品卸 商品は、倉庫に保管してあるだけでは価値がありません。その商品が消費者に届けられ、使用されて、初めて意味を持ちます。つまり、商品を必要とする場所へ、適正な量を届ける卸売業は、商売の中で重要な役割を担っているといえます。医薬品卸は、医薬品を創る製薬会社と、医薬品を使う(選択する)医療機関を結ぶ役割を担い...

≫続きを読む

 

医薬品卸とMS | 薬剤師の仕事研究室

医薬品卸 MSとはMarketing Specialistの略です。MSは主に医薬品情報を医療機関へ伝達する役割を担いますが、その仕事内容は幅広く、医薬品卸において欠かせない存在です。MSの仕事(1) 医療機関への情報伝達MSは定期的に担当医療機関を訪問し、医薬品の情報提供などを行います。MRと近い仕事内容と...

≫続きを読む

 

医薬品卸の管理薬剤師 | 薬剤師の仕事研究室

医薬品卸 医薬品卸は製薬会社と同じく医薬品を中心に扱う業態です。しかし、薬学部出身者は少なく、むしろ少数派といえるでしょう。MSなどの営業職は、文系出身者が多い業界です。薬剤師として医薬品卸を希望するなら、管理薬剤師がお勧めです。医薬品卸の管理薬剤師一般的に調剤薬局の管理薬剤師は、調剤室の医薬品の在庫管理や、...

≫続きを読む

 

医薬品卸の年収と労働環境 | 薬剤師の仕事研究室

医薬品卸 医薬品卸の平均年収は、一般的に500万円程度といわれています。しかし、スズケンなど大手の医薬品卸になると、600万円を超えるともいわれます。基本的には、MSのより管理薬剤師のほうが給料は上です。管理薬剤師になり役職がつけば、年収700万円も夢ではありません。平均年収が400〜500万円で昇給率が低い...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先