自律神経の働き | 薬剤師の仕事研究室

自律神経の働き | 薬剤師の仕事研究室

自律神経の働き

自律神経は交感神経と副交感神経よりなり、心臓、平滑筋、分泌腺など身体全体に広く分布しています。

 

自律神経の働きは、「自動で身体機能をコントロールする」ことです。意志とは関係なくその機能を調節しているので、不随意神経とも呼ばれます。

 

対して「自分の意思でコントロールできる神経」を体性神経といいます。体性神経には、刺激を中枢から末梢(おもに骨格筋)に伝える運動神経と、末梢(皮膚などの知覚受容体)から中枢に伝える知覚神経があります。

 

自律神経系の化学伝達

 

脳、脊髄から出た自律神経は2つのニューロンで構成されており、自律神経節でニューロンを交代します。
中枢側を節前線維、効果器官側を節後線維といいます。

 

節前線維神経細胞に発生した興奮は節前線維終末までは電気的に伝達されますが、節前線維-節後線維、節後線維-効果器(臓器など)への興奮伝達は化学伝達物質によりなされます。

 

ノルエピネフリン(NE)を遊離して興奮を伝達する神経をアドレナリン作動性神経、アセチルコリン(ACh)を遊離して興奮を伝達する神経をコリン作動性神経といいます(下図参照)。

 

ただし例外があります。汗腺の節後線維は解剖学的には交感神経に属していますが、その節後線維末端からはAChを放出しているので、コリン作動性神経です。
また、副腎髄質は交換神経節前線維により直接支配されています。

 

自律神経系

 

 

 

スポンサーリンク

 

自律神経系の薬物受容体

 

交感神経と副交感神経の節後線維から放出されたノルエピネフリンやアセチルコリンは、末梢臓器などに存在するアドレナリン受容体やアセチルコリン受容体に結合することで、身体に様々な効果を発生させます。

 

アドレナリン受容体には、α受容体とβ受容体があり、α、β受容体はサブタイプである、α1α2受容体おとび、β1、β2,β3受容体等に区別されます。

 

アセチルコリン受容体は、ニコチンに高感受性のニコチン(N)受容体と、ムスカリンに高感受性のムスカリン(M)受容体に区別されます。
(※正式には、ニコチン様受容体と、ムスカリン様受容体と呼ぶが、便宜上、ニコチン受容体、ムスカリン受容体と呼ぶことにする。)

 

ニコチン受容体はイオンチャネル内蔵型受容体であり、速い情報伝達機能を担います。そのため、自律神経節前線維から放出されたアセチルコリンを受け取るニコチン(Nn)受容体や、骨格筋に存在するニコチン(Nm)受容体があります。

 

ムスカリン受容体は、M1〜M5までの5つの受容体の存在が知られています。しかし、重要となるのはM1(脳、自律神経節に分布)、M 2(心臓に分布)、M 3(平滑筋、分泌腺に分布)です。

 

ムスカリン受容体は全身に広く分布して様々な生理機能発現に関わる受容体ですが、ムスカリン受容体に作用、または拮抗する薬は、サブタイプに対する選択性が低いです。そのことが、特に抗コリン剤の全身的な副作用(眼圧上昇、排尿障害、気管支閉塞など)の発生原因となっています。

 

自律神経の拮抗的二重支配

 

1つの器官は交感神経と副交感神経の両方から二重で支配を受け、両神経の働きは互いに拮抗的です。つまり、一方が興奮的に働けば、他方は抑制的に働きます。

 

一般的に交感神経は、恐怖、興奮、攻撃時に優位となり、ストレスや緊急時に適応するために働きます。
例えば、全力で走っているときは、身体は通常より酸素を必要とします。そのため、交換神経は心臓に働き、拍動を亢進させます。

 

逆に副交感神経は、安静時、睡眠時などに優位となり、身体を休める時に優位となります。家族とリラックスして過ごしている時は副交感神経が優位となっており、身体はストレス軽減やエネルギーの補給に努めます。
不眠症のように眠れないことで悩んでいる人は、睡眠時に副交感神経が上手く機能していないことが多いです。

医療薬学コンテンツ・基礎編 記事リストへ

 

 

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる



「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?


スポンサーリンク







関連ページ

薬の作用機序
理想的な薬の条件
薬の投与方法
薬物受容体とは
薬物受容体の構造と細胞内情報伝達機構
自律神経の拮抗的二重支配
アドレナリン受容体
カテコールアミン
アドレナリンα1受容体刺激薬
アドレナリンα1受容体遮断薬
アドレナリンα2受容体刺激薬
アドレナリンβ1受容体 刺激薬
アドレナリンβ2受容体 刺激薬
アドレナリンβ3受容体とアドレナリンβ3受容体刺激薬
アドレナリンβ受容体遮断薬
アドレナリンα・β受容体 遮断薬
アセチルコリン受容体
ムスカリン受容体刺激薬
ムスカリン受容体遮断薬(抗コリン薬)
コリンエステラーゼ阻害剤
ドパミンとドパミン受容体の種類
ドパミンD2受容体刺激薬
ドパミンD2受容体遮断薬
セロトニンとセロトニン受容体の種類
セロトニン 5-HT(1A)受容体刺激薬
セロトニン 5-HT(1B/1D)受容体刺激薬
セロトニン 5-HT(2A)受容体遮断薬
セロトニン 5-HT(3)受容体拮抗薬
セロトニン 5-HT(4)受容体刺激薬
ヒスタミンとヒスタミン受容体の種類
ヒスタミンH1受容体拮抗薬
ヒスタミンH2受容体拮抗薬
ベンゾジアゼピン受容体とGABA受容体
ベンゾジアゼピン系薬の作用と副作用
バルビツール酸受容体とバルビツール酸系睡眠薬の特徴
メラトニンとメラトニン受容体作動薬(ラメルテオン)
薬の吸収(経口投与) | 薬物動態
消化管以外からの薬の吸収
薬の分布 | 薬物動態
薬の代謝 | 薬物動態
薬の排泄 | 薬物動態
吸収過程での薬物相互作用
分布過程での薬物相互作用
代謝過程での薬物相互作用
排泄過程での薬物相互作用
薬力学的な薬物相互作用
いろいろな薬物相互作用(物理化学的相互作用・食物、環境物質などとの相互作用)

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先