薬剤師が転職する前に

転職を始める前に

就職・転職する前にこれだけは知ってほしい

 

 

このサイトを見てくれているあなたは、現役の薬剤師でしょうか?
メーカーや卸に勤務されている方かもしれません。いや、薬剤師を目指す学生さんだったり、その親子さんかもしれませんね。

 

いずれにせよ、もし薬剤師関連の就職・転職を考えているならば、必ずその業界のこと、会社のことをきちんと調べるべきです。

 

薬剤師と一口に言っても、ドラッグストア、調剤薬局、病院、メーカーなど活躍場所は様々。業界が変われば、その仕事内容もかなり違ってきます。同じ業界でも会社によって全然社風が違うし、経営方針、勤務環境、福利厚生など大きな違いがあります。

 

就職・転職は人生の一代イベントですので、本人にも家族にも大きな負担を強いるものです。

 

できれば新卒で勤めた会社に長く務めることがベストなのですが、安易な会社選びによってそれが困難になる方も少なくありません。

 

実は私もその一人で、紆余曲折を経て、3社目である現在の会社に辿りつきました。恥ずかしながら、自分の価値観、人生観を深く考えていなかったことが原因かと思います。

 

  • 薬剤師の仕事とはどういうものか?
  • ドラッグストアと調剤薬局の違いは?
  • 病院薬剤師の労働環境は?
  • 年収や福利厚生の違いは?
  • 収入をとるか、やりがいをとるか?

 

考えるべきことは膨大ですが、正確な情報を集め、自分自身の価値観、人生観と照らし合わせれば、きっと納得できる職場が見つかるはずです。

 

当サイトを作成した理由

 

「薬剤師の仕事研究室」は、薬剤師の転職をサポートするサイトです。

 

なぜこのようなサイトを作ったかというと、薬剤師に関する業界や仕事の実情を説明したサイトが少ないから、です。

 

薬剤師の転職サイトはネット上に溢れていますが、その内容は良いことだけが書かれている場合がほとんどです。

 

例えば「やりがいがある!」「高年収を実現できる!」「定時でピタ終わり!」など、聞きごごちが良いようで実は内容がまったくないようなサイトばかりです。上面をなでただけのサイトである、ということです。

 

ちまたに溢れている転職サイトは以下のようなものがあります。

 

(1) 企業が作ったサイト

 

大手ドラッグストアチェーンや調剤薬局チェーンの広報部門が作成したサイトです。

 

「患者さまの笑顔が私達の幸せです」「あなたの健康を応援したい」
「いつも患者さまのそばに」
など、ヒューマニスティックな言葉で、求職者の心を高揚させます。薬剤師は人の役に立つことにやりがいを持つ人が多いので、こういった言葉は効果絶大です。

 

大手ほど求人サイトは細部まで作りこまれています。入社5年目くらいの社員が写真つきで紹介され、いかにやりがいを持って働いているかを語っていたり、企業内サークルの飲み会風景などの写真で社員間の団結力をアピールしていたり、会社の楽しげな雰囲気を前面に押し出しています。

 

こういったサイトは企業の広報が作成しているので、当然バイアスがかかっています。現在はどの企業も薬剤師不足なので、薬剤師獲得のためには自社の弱みを隠し、強みを過剰に演出します。資本主義社会で生き抜くためには、当然の行為とは言えるでしょう。

 

(2) 人材紹介会社が作成したサイト

 

一世代前と比べて転職が一般的になった現在は、人材紹介会社の利用が盛んです。

 

人材紹介会社とは、企業と求職者を結ぶ仕事を請け負う企業です。例えば調剤薬局に転職を希望している人がいて、その人を人材を募集している企業に紹介して転職が成功した場合、企業から人材紹介会社に報酬が支払われる仕組みです。

 

人材紹介会社が利益を上げるには、より多くの求職者をより早く転職させる必要があります。そうなると、求職者を転職させるため、紹介した企業の弱みを隠す傾向になるのは当然といえます。

 

人材紹介会社は使いようによっては非常に便利なものですが、コンサルタントが言うことにもやはりバイアスがかかっています。

 

(3) アフィリエーターが作成したサイト

 

アフィリエーターとは、アフィリエイトで収入を得ている人のことです。

 

アフィリエイトとは簡単に言えば広告代理店のようなものです。自分が作成したサイトに広告を貼り付け、そこから商品が売れたり、会員として登録したりすると、サイト運営者に報酬が支払われる仕組みです。

 

このアフィリエイトは、薬剤師や看護師の転職サイトでも盛んに行われています。

 

しかし、薬剤師関連の転職サイトの多くは、仕事内容を簡単に説明したものばかりです。おそらく作成者は薬剤師ではなく素人です。薬剤師として実務経験がないので、内容に深みがありません。当然、上面な内容のサイトとなっています。

 

私自身、上記のようなサイトを簡単に信じてしまい、安易な転職をしてしまった経験があります。

 

ですから、「薬剤師の仕事研究室」は、良い点も悪い点も包み隠さず紹介するサイトにしよう、と考え作成しています。

 

薬剤師が関わる業界の客観的な情報を紹介する、そして、どの業界、企業を選ぶかは、転職者本人が考えて答えをだすべきだ、と思っています。

 

現在は、薬剤師の職能と存在価値が問われる時代になってきました。私自身、この専門職が発展するよう、微力ではありますが貢献したいと思っています。

 

そして、一番大切なことは、より多くの薬剤師が納得できる仕事を得て、やりがいを持って働くことです。

 

このサイトが、あなたの仕事選びの一助になれば幸いです。

 

関連記事

薬剤師の転職を成功させるには、まず正しい知識を知ることが必要です。
薬剤師の転職を成功させるために大切なことを説明していますので参考にしてください。


失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる



「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?

 

薬剤師の転職アドバイス編トップへ戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加