大手ドラッグストアに転職することのメリット・デメリット

大手ドラッグストア

 

大手ドラッグストアに就職する前にこれだけは知っておきたい

 

 

薬剤師の職種の中でも、年収が高いことで有名なドラッグストア。

 

調剤薬局や病院で働いている方が「今よりももっと条件の良い職場で働きたい」と考え、ドラッグストアへ転職するパターンが増えています。特に大手のドラッグストアは将来の安定性もあるため人気が高いのが特徴です。

 

ここでは実際の経験を元に、大手ドラッグストアで働くメリットやデメリットをご紹介。経験者だからこそ分かるリアルな情報を、大手ドラッグストアへの転職を考えている方に向けてお伝えしていきます。

 

薬剤師・Mさんの経歴

新卒でマツモトキヨシに入社。

 

関東でも有数の超繁忙店でOTC薬剤師としてのキャリアを積む。

 

1.大手ドラッグストアに転職するメリット

ドラッグストア薬剤師のメリット

1-1.教育・研修制度の充実(調剤未経験、産休明けでも大丈夫)

大手ドラッグストアに転職してすぐに実感するのは、教育や研修制度の充実さでしょう。OTC担当であればレジ研修が数日みっちりありますし、調剤担当であれば全店舗で共通の調剤方法をしっかり落とし込まれます。

 

大手ドラッグストアは店舗数が中小と比べてとても多いです。そのため、どこの店舗に配属されても通用できるように、教育や研修制度を充実させているのです。

 

大きな新商品が出たり、薬価改正があったりしたときなども都度、研修が行われます。特に要指導医薬品や第一類医薬品の新商品発売・リニューアルがあった際は、メーカーを交えての勉強会が行われることが多いです。

 

私の場合は、薬剤師であれば取っておきたいエパデールT販売認定薬剤師を取得するための研修も会社が日程を組んでくれました。

 

1-2.経営が安定している(定期昇給、ボーナスなど)

大手ドラッグストアは中小とは違い、経営が非常に安定しています。どんどん新店舗を増やしていく姿から、その安定性が実感できるでしょう。

 

経営が安定しているため、昇給制度がしっかり整っていることが多いです。「評価がここまで上がったら年収がいくら上がる」という具合に、どうすれば年収が上がるのかがはっきり提示されています。

 

また、「今回は業績が悪かったのでボーナスなしで…」というようなことは決してなく、むしろ「業績が良かったので臨時で今月はプチボーナスを支給します」なんてことがあるくらいです。

 

1-3.設備投資ができる(IT(電子薬歴など)、機械化(自動分包機、監査ミスを防ぐ機械など)

中小の調剤薬局や病院に勤めている方から、このような話を聞いたことがないでしょうか。

 

「うちの薬局は未だに紙薬歴を使っている」

 

「分包機が1台では業務が回らないのに、新しく増やす余裕がない」

 

「散剤を調剤する際に監査システムを入れていないので、監査が不安」

 

どれも大手のドラッグストアであればそうそう起こらない話です。

 

小さな薬局や病院だと電子薬歴をまだ導入していないところも少なくありません。紙に手書きで書いて保存するため、薬歴を書く手間もかかりますし、該当の患者さんの薬歴をわざわざ棚から探し出す手間も増えてしまいます。

 

毎日のように手書きで薬歴を書いていると、いつか必ず「面倒くさい」と感じるようにも…

 

さらに、分包機の台数がたりなかったり、監査システムが整っていなかったりすると調剤の効率も落ちますし安全性も落ちます。正直、このような環境では働きづらいもの。

 

しかし、大手のドラッグストアではこのようなことはあまり起こりません。設備に投資する余裕があるので、薬剤師が働きやすいように、また調剤の安全性を高めるために必要な環境を整えてくれているのです。

 

万が一、設備に不満がある場合は「◯◯の設備を増やしてほしい」と申し出ることも可能。また、あまりに古い店舗などはお店ごと改装をして新しく建て替えるといったことも行います。

 

1-4.様々なキャリアプランが選べる(薬剤師以外など)

大手ドラッグストアは、薬剤師以外の働き方も選べるということをご存知でしょうか?

 

実は私も、「薬剤師以外の働き方」に魅力を感じてドラッグストアを選んだ部分があります。

 

大手ドラッグストアだと

  • 新卒採用
  • 商品開発
  • 店舗運営戦略

などにも関われるのです。

 

採用に関わる仕事であればいろいろな地方に出向いて、薬学生相手に企業の説明をしたり、実際に採用の面接をしたりすることも。商品開発に関われば、自分がデザインした商品が店頭に並ぶことだってあります。

 

私が就活をしていたころに印象に残っている言葉があります。

 

「やりたいことは入ってから決めたら良いじゃない。それができるのがドラッグストアだ」

 

採用担当者にこう言われたことがあります。こういった働き方ができるのは大きな魅力です。

 

1-5.マニュアルがしっかりしている

大手ドラッグストアは、全国規模で多くの店舗を運営しています。そのため、業務内容は細かくマニュアル化されています。どこの店舗に配属になっても、どこに異動になっても問題なく働けるようにするためです。

 

店舗ごとにレジの操作方法が違ったり、監査の仕方が違ったりすると非常に働きにくいもの。また、店舗ごとに業務内容が違うと思わぬ事故を招くこともあります。店舗数が多いからこそ、会社内で一定のルールを作りどこの店舗でも同じ働き方ができるように統一されているのです。

 

1-6.出世すれば年収800万円以上も可能

病院や調剤薬局からドラッグストアへ転職した方の多くは「ドラッグストアの年収の高さに惹かれて転職した」と口を揃えます。

 

年収が低めな病院からの転職だと、年収が100万円以上も上がることだってあります。大手ドラッグストアだと、転職してからさらに昇給していくことで年収800万円以上もの収入を得ることも可能。

 

大手ドラッグストアでは店長クラスで年収700万円、これに残業代がついたり、評価が高くなって手当が増えたりするようになるとすぐに年収800万円に到達します。病院や調剤薬局ではなかなか達成できない金額です。

 

課長クラスになると1,000万円を超えることも。もちろん、高い年収を貰うにはそれに伴うだけの実績や実力、努力が必要ですが、頑張り次第では高年収を狙えます。

 

1-7.希望の勤務条件の店舗に異動ができる

店舗の異動は、中小企業でもできないことはありませんが、やはり店舗の母数が多い大手ドラッグストアの方が異動の幅が広いです。

 

そのため、例えば

  • 調剤併設店が良い
  • 夜遅くまで営業していない店舗が良い
  • 違う科目を取り扱える店舗で働きたい

などのある程度の要望であれば、異動によって叶えることができます。

 

私の周りにも、自分は仕事でこういったことをしたい、こんな店舗で働きたいと人事に話を持ちかけて異動した薬剤師が多くいます。大手で店舗数が多いからこそ、ちょっとしたわがままも通るのです。

 

2.大手ドラッグストアに転職するデメリット

ドラッグストア薬剤師のデメリット

 

大手ドラッグストアに転職して得られるのは、もちろんメリットだけではありません。大手だからこそのデメリットもあります。

 

2-1.転勤がある

店舗数が多いということは、すなわち、全国どこへでも異動になる可能性があるということです。東京で働いているスタッフが突然「来月から名古屋ね」と言われている現場を実際に見たことがあります。

 

ドラッグストアによっては、あらかじめ転勤ありかなしかを事前に契約して給料を定めているところも。「転勤なし」にしておけば、無理に転勤させられることはありません。

 

しかし、一般的に「転勤なし」で希望を出すと月に数万円、給料が下がってしまうのが基本です。かといって、「転勤あり」にしていると突然知らない土地に飛ばされてしまうので油断できません。給料を取るか、安定を取るかを選択する必要があります。

 

2-2.残業が多い

大手ドラッグストアは熾烈なトップ争いを繰り広げています。どこも店舗数をどんどん増やし売上を伸ばそうと必死です。

 

そうなると、店舗数が増えるにつれて、必要な人員が増えるのはたやすく想像できるでしょう。しかし、簡単に人員は確保できません。そのため、ただでさえカツカツで運営している既存の店舗からさらに人を引き取って新しい店舗に回すしかなくなります。

 

そうなると、どうでしょうか。人員が減ったにも関わらず、こなすべき仕事量は変わりません。これまでと同じ仕事量を少ない人員で裁くには、残業をして一人あたりの勤務時間を伸ばすしか方法がないのです。

 

大手ドラッグストアでは、どこも薬剤師不足に悩まされておりやむを得ず残業をして営業を回している状況。人員がたりないため、あらかじめシフトが10時間労働で組まれていて大変という薬剤師も実際に何人か見てきました。残業代が稼げるというメリットはありますが、体力の消耗が非常に激しいです。

 

2-3.新卒の場合は中小企業より給料が低くなる

大手ドラッグストアと中小ドラッグストアを比べると、人気が高いのはやはり大手です。名のしれたドラッグストアで働く方が安心と考える人が多く、新卒薬剤師は大手に集まりやすくなります。

 

対して中小ドラッグストアはなかなか薬剤師を確保できません。そのため、大手ドラッグストアよりも初任給の金額が高めに設定されていることもあります。

 

初任給だけ比べると、中小よりも大手ドラッグストアの方が低くなってしまう可能性もあるのです。

 

昇給率は大手ドラッグストアの方が高いでしょうから、後から巻き返すことはもちろんできます。ただし、最初の数年は中小に年収が負けてしまうことも。

 

2-4.人間関係について(社内派閥など)

大手ドラッグストアでは異動がちょくちょくあります。すると「あの店舗の◯◯さんは使えない」だとか、「うちの◯◯さん、使えないので異動させましょう」といった会話が生まれてしまうことも。

 

店舗によっては仕事ができない人は影でいろいろ悪口を言われてしまうことがあります。それだけ効率良く日々の業務をこなさないといけないくらい忙しいのが、人間関係が悪化する原因とも言えます。

 

日頃のちょっとした愚痴を笑いながら言える人間関係を築いている店舗もあれば、店内がピリピリするくらい険悪なムードが漂っているところもあります。店舗によるとも言えますが、人間関係の悪い環境で働かなくてはならないこともあります。

 

2-5.帰りが遅くなりがち

最近のドラッグストアは、営業時間がとても長いです。夜の24時まで営業、24時間営業なんて店舗もあるくらいです。

 

売上を伸ばすために営業時間を長くしている店舗が増加しているのが原因と言えます。営業時間の長い店舗に配属になると、仕事が終わるのが毎日夜中、家に帰り着くのが日付が変わった後といった生活になってしまいます。

 

私も実際に、毎日終電で帰っていました。終電で帰るというのはちょっとしたリスクがあります。電車が遅延すると途中の乗り継ぎが間に合わずに家に帰れなくなることもあるのです。

 

昼間なら迂回してどうにか帰れますが、終電だともう電車がないのでどうしようもありません。生活リズムも崩れますし、無駄なタクシー代がかかってしまいます。

 

3.まとめ

大手ドラッグストアは、高い年収を目指す方にはとても良い職場です。やる気に満ちあふれている方はどんどん昇給していきます。自分の努力が給料に反映されやすい職場と言っても過言ではありません。

 

一方で、残業が多かったり、帰宅時間が遅くなってしまったりすることもあります。

 

大手ドラッグストアはデメリットもありますが、病院や調剤薬局にはない働き方できるので、自分の経験値を上げることも可能です。大手ドラッグストアならではの働き方もまた楽しいものです。


失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる



「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?

 

薬剤師の転職アドバイス編トップへ戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加