製薬会社編

MR

 

 

医薬品の開発に無くてはならないのが製薬会社です。

 

ここでは、製薬会社とそこで働くMR,学術、品質管理などの職業、勤務環境と年収について説明します。

 

製薬会社編・コンテンツ

製薬会社について

  1. 製薬会社とは?新薬開発を通じて行う社会貢献
  2. 努力、努力。。長い時間がかかる新薬開発
  3. 偶然に頼らない新しい医薬品開発

製薬会社の仕事について

MR
  1. 製薬会社の花形!MRの仕事
  2. 年収すごっ!MRの仕事のメリット
  3. これはツライ。。MRの仕事のデメリット
  4. MRが医師と良い関係を築くには?MR経験者が解説
  5. 文系MRと薬剤師MRの違いとは?
  6. MRに向いている人
学術
  1. 製薬会社の学術
品質管理
  1. 薬剤師におすすめ!品質管理の仕事内容
製薬会社の給与・年収について
  1. 製薬会社の年収と労働環境

 

MR転職編・コンテンツ

製薬企業への転職

 

  1. MRから薬剤師への転職は多い?成功できるのか?

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

製薬会社編記事一覧

製薬会社は、医薬品のほかにも、医療機器、健康食品、トイレタリーなど様々な製品を作っています。しかし、ここでは市場規模として一番大きい、医薬品を中心に紹介します。製薬会社は医薬品を製造し販売しますが、医薬品には、「モノ」としての価値と、「情報」としての価値があります。製薬会社は「モノ」としての医薬品を医薬品卸に販売し、「情報」としての医薬品を医療機関へ提供しています。製薬会社は研究開発の視点から従業...

製薬会社は「モノ」としての医薬品を医薬品卸に販売し、「情報」としての医薬品を医療機関へ提供しています。医薬品の重要な価値である「情報」を提供する役割を担うのがMRです。MRはMedical Rrepresentative の略で、医薬品情報担当者と呼ばれています。日本には5万人以上おり、新薬販売やジェネリック医薬品などの開発促進などにより、その需要は高まっています。MRは販売促進の営業マンとしての...

製薬会社で花形といわれるのは、実はMRです。新薬を作りだす研究職のほうがカッコイイというイメージを持つ人も多いですが、研究職は世間が思うほど華やかな仕事でなく、むしろ地道な作業が続きます。しかし、MRは営業職であり、売上にもっとも貢献する職務です。MRの営業力が企業の業績を左右すると言っても過言ではなく、結果を出せば高い報酬を得ることも可能です。例えば、武田やエーザイなど大手といわれる製薬会社なら...

MRは製薬会社の花形ですが、苦労も多い職種です。営業職である以上、個人の適性による場合もありますが、気苦労が絶えない仕事と聞きます。高い報酬の代償といえるかもしれません。ここでは、MRの現実を説明します。結果を求められる仕事であるMRは営業職なので、営業成績を求められます。高い業績を出すことができればやりがいがありますが、目標に届かないと辛い仕事です。例えばある大手製薬会社では、6か月ごとに成果が...

MRと医師。その関係性とは?MRは主に医師などの医療関係者を相手に、医薬品の情報提供、プロモーション活動を行っています。営業職としての側面が強いですが、他の営業職と比べて、医療の専門家である医師を相手にするという特殊性があります。今回は、そんなMRと医師との関係性について、お話します。執筆者:川上氏証券会社での営業、製薬会社でのMRを経て、現職は調剤薬局の薬剤師として勤務。MRにとって医師とはどん...

意外と少ない?薬剤師MRMRはDrに対して医薬品に関するプロモーション活動を行う為、他の営業職とは異なり薬学部でしっかり薬学の知識を学んだ人しか務まらないのではないか、と思われることがあります。しかし、実際にはそんなことはなく、薬学部以外の人でも、文系理系問わずMRとして活躍しています。2016年のMR白書によると、薬学部出身のMRは全体の13.2%となっています。文系出身が56.9%、薬学部以外...

MRは薬物治療のパートナーと言われていますが、営業職である以上、結果が求められる厳しい業界です。しかし、適性があり業績を上げることができれば、一般薬剤師とは比較にならないほどの高年収を得ることができます。それでは、MRに向いている人の特徴とは何でしょうか。コミュニケーション能力が高いMRは営業職であるため、高いコミュニケーション能力が求められます。それは、身だしなみから話し方まで、相手に好印象を与...

新薬の開発には莫大な費用と長い時間がかかります。それは、医薬品が生命に重大な影響をおよぼす物質であるため、基礎研究や各種試験、国による承認審査など多くの厳密なプロセスを通過しなければならないからです。日本では一つの医薬品を開発するために必要な期間は10〜20年であり、その間の費用は80〜150億円といわれています。次のように、医薬品は多くの厳しいプロセスを経て市場にでてきます。(1)基礎研究(2〜...

従来、医薬品としての新規物質の発見は、偶然からもたらされることが多かったです。例えば、有機化合物の合成、天然物からの抽出、ランダムスクリーニングによるセレンディピティ(偶然発生した現象から、目的とは別の価値を見出す能力のこと)によるものですが、多くの低分子化合物から医薬品候補物質を発見する確率は0.1%以下といわれ、膨大な費用と時間と労力を費やしてやっと一つの医薬品としての新規物質を見つけ出してい...

学術職は、自社製品のドラッグインフォメーション(DI)担当です。医薬品には「モノ」としての価値と「情報」としての価値があり、学術はその「情報」を必要とする人に提供する重要な職種です。医薬品の情報を必要とする人は主に自社のMR医師、薬剤師などの医療従事者患者です。MRは自社製品を医療機関に売り込むため、常に自社製品の有用性を証明する情報を求めています。学術は他社製品より自社製品が優れていると証明でき...

製薬会社において、薬剤師が品質管理部門の管理薬剤師として採用されることはよくあります。品質管理とは、医薬品が法律を厳守して製造・品質管理されているかどうかを監督する仕事です。医薬品の製造と品質に関わる法律としてGMPがあります。GMPは「医薬品の製造管理及び品質管理規制」のことで、医薬品を製造するさいには、必ずGMPを厳守しなければなりません。医薬品の品質は、あらゆる商品の中でもっとも厳密に管理さ...

製薬会社の年収は、一般的な薬剤師に比べて高くなる傾向があります。各業界の平均年収は、だいたい下図のようになります。調剤薬局約400〜650万円ドラッグストア約400〜700万円病院約300〜600万円製薬会社約400〜800万円以上初任給はそれほど変わりませんが、長く務めたり昇進すると、かなりの高給を得ることができます。1000万円超えも狙えるMR製薬会社の職種だけで比較すると、だいたい30歳時点...