MR(医薬品情報担当者)記事一覧

MRと医師

製薬会社は「モノ」としての医薬品を医薬品卸に販売し、「情報」としての医薬品を医療機関へ提供しています。医薬品の重要な価値である「情報」を提供する役割を担うのがMRです。MRはMedical Rrepresentative の略で、医薬品情報担当者と呼ばれています。日本には5万人以上おり、新薬販売やジェネリック医薬品などの開発促進などにより、その需要は高まっています。MRは販売促進の営業マンとしての...

MRのメリット

製薬会社で花形といわれるのは、実はMRです。新薬を作りだす研究職のほうがカッコイイというイメージを持つ人も多いですが、研究職は世間が思うほど華やかな仕事でなく、むしろ地道な作業が続きます。しかし、MRは営業職であり、売上にもっとも貢献する職務です。MRの営業力が企業の業績を左右すると言っても過言ではなく、結果を出せば高い報酬を得ることも可能です。例えば、武田やエーザイなど大手といわれる製薬会社なら...

辛いMRの仕事

MRは製薬会社の花形ですが、苦労も多い職種です。営業職である以上、個人の適性による場合もありますが、気苦労が絶えない仕事と聞きます。高い報酬の代償といえるかもしれません。ここでは、MRの現実を説明します。結果を求められる仕事であるMRは営業職なので、営業成績を求められます。高い業績を出すことができればやりがいがありますが、目標に届かないと辛い仕事です。例えばある大手製薬会社では、6か月ごとに成果が...

MR

MRと医師。その関係性とは?MRは主に医師などの医療関係者を相手に、医薬品の情報提供、プロモーション活動を行っています。営業職としての側面が強いですが、他の営業職と比べて、医療の専門家である医師を相手にするという特殊性があります。今回は、そんなMRと医師との関係性について、お話します。執筆者:川上氏証券会社での営業、製薬会社でのMRを経て、現職は調剤薬局の薬剤師として勤務。MRにとって医師とはどん...

MR

意外と少ない?薬剤師MRMRはDrに対して医薬品に関するプロモーション活動を行う為、他の営業職とは異なり薬学部でしっかり薬学の知識を学んだ人しか務まらないのではないか、と思われることがあります。しかし、実際にはそんなことはなく、薬学部以外の人でも、文系理系問わずMRとして活躍しています。2016年のMR白書によると、薬学部出身のMRは全体の13.2%となっています。文系出身が56.9%、薬学部以外...

MRに向いている人

MRは薬物治療のパートナーと言われていますが、営業職である以上、結果が求められる厳しい業界です。しかし、適性があり業績を上げることができれば、一般薬剤師とは比較にならないほどの高年収を得ることができます。それでは、MRに向いている人の特徴とは何でしょうか。コミュニケーション能力が高いMRは営業職であるため、高いコミュニケーション能力が求められます。それは、身だしなみから話し方まで、相手に好印象を与...