ドラッグストアの薬剤師編

ドラッグストアの薬剤師

 

 

1970年代から急成長を遂げたドラッグストア業界は、迫り来る超高齢化時代に向けて、さらなる成長を期待されています。

 

ここではドラッグストアの歴史やビジネスモデル、最近の業界のトレンド、そして活躍が期待されるドラッグストアの薬剤師について説明していきます。

 

ドラッグストアの薬剤師編・コンテンツ

ドラッグストア業界について

ドラッグストア業界について分かりやすく解説しています。
ドラッグストアとは?どんな人が働いている?」ではドラッグストアの定義や薬局との違い、ドラッグストアで働く人について説明しています。

 

また、「なぜドラッグストアは日本で成長したか」ではドラッグストアの歴史的背景を、「調剤事業に進出し始めたドラッグストア」ではなぜ調剤併設型のドラッグストアが主流となってきたのかについて説明しています。

 

記事一覧

  1. ドラッグストアとは?どんな人が働いている?
  2. なぜドラッグストアは日本で成長したか
  3. 調剤事業に進出し始めたドラッグストア
  4. OTC医薬品とスイッチOTC
  5. 進み続ける規制緩和 〜激化するOTC市場争奪戦〜
  6. ドラッグストアの未来
  7. 都内と地方のドラッグストアは何が違うのか?

 

ドラッグストアの薬剤師について

ドラッグストアの薬剤師に関するコンテンツです。

 

ドラッグストアで勤務経験のある薬剤師が、現場で体験したリアルな情報を記事にしています。

 

記事一覧

  1. ドラッグストア薬剤師の仕事
  2. ドラッグストア薬剤師のメリット
  3. ドラッグストア薬剤師のデメリット
  4. ドラッグストア薬剤師の本当のやりがいとは?
  5. ドラッグストア薬剤師に販売ノルマはあるの?
  6. 心の底から「ドラッグストア薬剤師辞めたい」と思うとき
  7. OTCのみの薬剤師に必要な専門性とメリット・デメリット
  8. ドラッグストア薬剤師に向いている人
  9. ドラッグストア薬剤師の年収と労働環境

 

ドラッグストア薬剤師への転職編・コンテンツ

ドラッグストアへの転職

 

ドラッグストアへ転職したい薬剤師さんへのオススメ記事

  1. 商売人たれ!ドラッグストア薬剤師への転職を考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラッグストアの薬剤師編記事一覧

ドラッグストアは、健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで短時間に買えるようにした小売業態です。医薬品や化粧品・健康食品・サプリメント等の、健康に関連する様々な商品を中心に扱うとともに、洗剤やトイレットペーパ、雑貨など日用品も扱うという幅広い品揃えが特徴的です。ドラッグストアの定義総務省によると「医薬品、化粧品を中心とした健康および美容に関する各種の商品を中心として、家庭用品、加工食品な...

企業の成長

ドラッグストアは1970年代から急激に成長した業界です。薬局小売業として長い歴史をもつ薬局業界に対し、ドラッグストアの歴史は40年ほどしかありません。米国のドラッグストアを模倣して日本に誕生し、約6兆円の市場規模まで成長しました。高度経済成長で大量生産・大量消費を好しとした日本人にとって、ワンストップで様々な商品を購入できるドラッグストアは非常に魅力的でした。しかし、バブルがはじけ不況になり、多く...

ここ数十年の間に、ドラッグストア内に調剤薬局が目立つようになってきました。とくに2009年の改正薬事法施行によるOTC薬販売の規制緩和を機に、他業態との差別化をはかるため調剤機能の強化が活発化しています。私は以前、調剤室が併設されたドラッグストアで働いていました。まわりに医療機関はなく、1日に処方せんを3枚受けるかどうかという状態でしたが、会社はどんどん調剤併設型のドラッグストアをつくっていました...

OTC医薬品を販売する薬剤師

OTC医薬品とは、薬局、ドラッグストアなどで購入できる一般用医薬品のことです。OTCの意味はOver The Counter の略で、「薬局などでカウンター越しに薬剤師がお客様へ販売する薬」を意味し、米国で生まれた言葉です。つまり、お客様が自由に選んで購入するというよりも、薬剤師のカウンセリングを元に購入するという意味合いが強いです。かつて医療用医薬品とOTC薬はかつて50対50の割合でしたが、国...

OTC医薬品

小売業が変化する大きな要因は「法律の変化」と「消費者の変化」です。変化に対応できた企業が勝ち残り、できなかった企業は衰退します。ドラッグストアは小売業ですが、調剤やOTC薬を扱う医療機関でもあります。医薬品もまた法律の強い規制を受ける商品である以上、法律の変化はドラッグストア業界に大きな変化をもたらします。ドラッグストアのあり方を大きく変えた2009年改正薬事法2009年に改正薬事法が施行されまし...

ドラッグストアの未来

ドラッグストアは戦後、急激に成長をとげたビジネスモデルです。高景気で豊かになり大量生産、大量消費を好しとした日本人にとって、ワンストップショッピングできるドラッグストアは魅力的だったのです。しかし、豊富な品揃えと低価格路線で急激な成長をとげてきたドラッグストア業界ですが、こうしたビジネスモデルはすでに限界に達しています。バブル崩壊後の不況と少子化による人口減少で、物が売れない時代が到来したからです...

ドラッグストア薬剤師薬剤師の仕事

マツキヨ、スギ薬局……ドラッグストアは私達の生活に一番馴染みの深いお店です。ドラッグストアは医薬品、化粧品、日用雑貨、食品など多種多様な商品を扱う物販ビジネスです。1か所で生活用品のほとんどをカバーすることができるため、大手チェーンを筆頭に急成長を続けている業界です。ここでは、ドラッグストア業界とドラッグストア薬剤師の仕事を紹介します。商売人の能力が求められるドラッグストア薬剤師私は新卒でドラッグ...

マツキヨ

ドラッグストア薬剤師にノルマはあるのか?「ドラッグストアってノルマに厳しいって本当?」「ノルマはどれくらいあるの?」調剤薬局や病院で働いている周りの薬剤師、ドラッグストアに興味を持っている人からこのようなことを聞かれます。ドラッグストアにはノルマがあるというイメージを持っている人が少なからずいるんですね。募集要項にはもちろんノルマのことに関しては書いてありませんので確かに気になるところではあります...

ドラッグストア

都内と地方のドラッグストアは全然違う?ドラッグストアの仕事内容は働く地域によって大きく異なります。特に都内と地方のドラッグストアは、似ているようで違う仕事をしているのです。この違いはおそらく実際にドラッグストアで働いたことのある人しか知りません。私も働き始めてからこんなに違うのかと痛感しました。地方のドラッグストアしか知らない状態で都心部のお店で働くことになったので、ギャップも物凄く感じましたね。...

ドラッグストア薬剤師のメリット

ドラッグストアは物販ビジネスです。ですから、ドラッグストア薬剤師は、医療人として、また商売人としての能力を持たなければなりません。ここでは、ドラッグストア薬剤師として働くメリットを紹介します。(1) 小売業の基本が身につく小売業の基本は「物を仕入れて売る」ということです。これは商売の原点といえるでしょう。平均的な規模のドラッグストア(売り場面積:約207坪、年商4億円)は、約1万7000点もの商品...

ドラッグストア薬剤師のデメリット

ドラッグストアは小売業なので、本来の薬剤師業務とかけ離れた仕事をすることが多いです。それをどう感じるかは人それぞれですが、ここではドラッグストア薬剤師として働くデメリットを紹介します。(1) 処方せん医薬品、輸液などの知識を学ぶ機会が少ない。最近は調剤室を併設するドラッグストアが増えてきました。調剤機能で専門性を高め、他業態との差別化を図るためです。しかし、慢性的な薬剤師不足で、調剤室を十分機能さ...

ドラッグストア薬剤師のやりがい

働いて分かった、ドラッグストア薬剤師の本当のやりがい調剤薬局や病院とは仕事内容が大きく異なるドラッグストア。調剤だけでなく、OTC医薬品やその他の化粧品、日用品などにも触れられるため、薬剤師の職場としては少し変わっていると言えます。そんなちょっと変わった職場であるドラッグストアに、病院から転職される方が意外と多いのをご存知でしょうか。病院では経験できないたくさんの「やりがい」がドラッグストアにはあ...

ドラッグストア辞めたい

ドラッグストア薬剤師の憂鬱「もう辞めちゃおうかな…」そんなことを考えながら働いているドラッグストア薬剤師はとても多いです。実際に私もドラッグストアで働きながら、長年そう思っていましたし、周りの薬剤師も口々にそう言っていました。なぜ、ドラッグストア薬剤師を辞めたいと思う方がこんなにも多いのでしょうか。ここでは、私がなぜドラッグストア薬剤師を辞めたいと思ったのか、実体験を元にその理由を7つご紹介してい...

ドラッグストア薬剤師

「OTCのみの薬剤師」が選ばれる理由ドラッグストアとひとくちに言っても、調剤専門なのか、調剤併設なのか、OTC専門なのかと大きく3つに分けられます。OTC専門で働いている薬剤師の数は調剤専門や調剤併設と比べると少なく、OTCのみで働いている薬剤師の仕事内容を直接聞くことは難しいのが現状です。そこで、OTC専門薬剤師の仕事内容、OTCだけを扱うメリットやデメリットなどを、実際の経験を元に詳しくご紹介...

ドラッグストア薬剤師

独断と偏見になってしまいますが、ドラッグストア薬剤師として6年働いた経験から、ドラッグストア薬剤師に向いている人を紹介します。こんな人は出世できるかも。ドラッグストア薬剤師に向いている人、10の特徴(1) 商売に興味がある。物を売るのか好き。ドラッグストアは物販ビジネスなので、売上を上げることが至上命令です。常にどうしたら商品が売れるかを考え続けなければなりません。利益率の高い商品を売ることも必要...

良い給料

最近は、新卒でドラッグストアに入社する薬剤師が増えています。調剤併設店ならOTC・調剤の両方を経験できることを魅力に感じる人も多いようです。ただ、なんといっても「年収」は仕事を決める上で重要な要素ですよね。ドラッグストアの薬剤師は、薬剤師が関わる業種の中でも高収入のイメージがありますが、実際はどうでしょうか?仕事内容、労働時間は?ドラッグストア薬剤師の年収は高め病院や調剤薬局と比べて、ドラッグスト...