薬剤師のキャリアアップ

薬剤師のキャリアアップ

薬剤師のキャリアアップ記事一覧

薬剤師

薬剤師は国民からどう思われているんだろう……薬剤師なら一度は考えたことがあるでしょう。私は欧米の薬剤師と較べて、日本の薬剤師の地位はかなり低いと思っています。そもそも社会的地位とは、その職業の責任、重要性、信頼性に付随するものです。つまりその仕事の評価とも言い換えることができるでしょう。医師の社会的地位が高いのは、一人前になるまでに長い時間を要し、命という人間にとって最も大切なものを扱う仕事である...

博士号

薬剤師×博士号=?突然ですが、薬剤師のみなさんは博士号に興味がありますか?「博士号を持っている薬局薬剤師」と聞いたら、どう感じますか?「ちょっと話聞いてみたい」と興味がわきますよね。なぜなら、博士号を取得している薬剤師は非常に珍しいからです。一般的な薬学生は、薬剤師免許を必要する仕事(病院、薬局など)に就くか、製薬企業などメーカーに就職することがほとんどです。大学院に進学し、さらに博士課程を経て博...

広告代理店

薬剤師にとって、広告代理店は全く別の世界の仕事と思われますが、医療系広告代理店では薬の広告を手掛け、医師、薬剤師、看護師、患者向けに医療情報を発信することから、薬学、病理、データ解析などの知識が求められます。薬のパンフレットである製品情報概要を構成から考えて原稿を作る、各専門領域のドクターを取材する、対談や座談会を組んで記事をまとめる、各種学会における講演会の抄録を作るなどの仕事があり、医師や製薬...

管理薬剤師

管理薬剤師のメリット、デメリットここでは、管理薬剤師の説明をします。管理薬剤師というと「一般の薬剤師と違う」「責任が重そう」などイメージする人も多いでしょう。たしかにその通りなのですが、調剤薬局、ドラッグストア、病院と微妙に求められる業務が変わってきます。そもそも管理薬剤師とは?管理薬剤師は、薬事法という法律により設置が義務付けられている責任者のことをさします。つまり、薬局やドラッグストアなどの店...

キャリアアップ

薬剤師の「資格」ってホントに役立つの?2016年の調剤報酬改訂で最も注目を集めたのは、「かかりつけ薬剤師指導料」「かかりつけ薬剤師包括管理料」の新設でした。患者が「この薬剤師に任せたい」と依頼した薬剤師が、患者の薬物治療を全面的にサポートする――これは、国が実現したい薬局薬剤師の理想姿です。この算定要件の一つに「研修認定薬剤師の取得」が含まれたため、今まで研修認定薬剤師に興味のなかった薬剤師が、一...

病院か薬局か

病院か? 薬局か?薬剤師のみなさんは、明確に目標を持って就職活動をしていましたか?「私は将来こんな仕事がしたい」「この業界に就職したい」というはっきりとした意思を持っていたでしょうか?「薬剤師になろう」と決めた薬剤師の進路は、大きく3つに分かれます。「ドラッグストア」「調剤薬局」「病院」ですね。製薬メーカーの学術やMR、大学院を経ての研究者は基本的には薬剤師免許を使いませんので、「薬剤師」というカ...

すごい薬剤師

もしあなたの上司が尊敬できる人だったら、それはとても幸運なことです。なぜなら、尊敬できる上司は、とても少ないからです。尊敬できる上司がいれば、教えを乞うことができますし、何よりモチベーション維持を助けてくれます。薬剤師として転職を考えた場合、どこの企業で働くかとうことは重要ですが、「誰と働くか」ということも非常に重要だと思います。もし、給与面など多少劣っても、希望する職場に尊敬できる先輩や社長がい...

どんな職場にも、ダメな薬剤師はいるものです。具体的にどうダメかといういうと「仕事がいつまでも覚えられず周りに迷惑をかける」「患者さんに迷惑をかける。不快にさせる」「やる気がない」というところでしょうか。そうゆう人と一緒にいるとモチベーションが落ちたり巻き添えを喰ったり、あまり良い事はありません。なるべく関わらないようにすべきですが、そんな人からも「反面教師」として学ぶものはあります。その人と逆の生...

震災

2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。千年に一度と言われる大津波が発生し、未曾有の大災害となりましたが、発生直後、多くの医療従事者がボランティアとして現地に駆けつけました。医師や看護師のチームの中に薬剤師がいたことは、世間ではあまり知られていません。災害を経験してない一般人から言えば、「薬を渡すだけの薬剤師が役にたつのか」という方もいるのでしょう。しかし、薬剤師が獅子奮闘の活躍をしたこ...