製薬会社の学術

製薬企業の学術

 

学術職は、自社製品のドラッグインフォメーション(DI)担当です。

 

医薬品には「モノ」としての価値と「情報」としての価値があり、学術はその「情報」を必要とする人に提供する重要な職種です。

 

 

 

医薬品の情報を必要とする人は主に

 

  • 自社のMR
  • 医師、薬剤師などの医療従事者
  • 患者

 

です。

 

MRは自社製品を医療機関に売り込むため、常に自社製品の有用性を証明する情報を求めています。学術は他社製品より自社製品が優れていると証明できるような情報を提供するなど、MRの後方支援をしていきます。

 

また、医師、薬剤師は、医薬品の最新の情報(有効性、副作用など)を常に求めています。そういった医療従事者に、すばやく正確な情報を提供する<ことも学術の重要な仕事です。

 

学術は、医療に関する最新の情報を集めるため、国内外の論文などに目を通さなければなりません。そのため、論文を読みデータを分析する能力も必要です。

 

また、学術はマーケティングにも関わります。自社製品の認知を高めるため、ホームページを作成したり、教育用のDVDやパンフレット、広告などの販促品を作るなど、販売促進に努めます。

 

難解な医療用語をわかりやすく説明する能力

 

上記のように、学術は自社製品に関する様々な情報を扱います。

 

しかし、もっとも必要な能力は、「難解な情報をわかりやすく説明する能力」です。

 

学術が対応する人は、医師、薬剤師、看護師、患者など、知識も環境も様々です。そういった人の背景を考慮し、わかりやすい言葉を選んで情報を提供する能力が求められます。

 

 

 

関連記事

薬剤師におすすめ!品質管理の仕事内容


製薬会社編  記事リストへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加