医薬品卸の年収と労働環境

医薬品卸の年収

 

医薬品卸の平均年収は、一般的に500万円程度といわれています。

 

しかし、スズケンなど大手の医薬品卸になると、600万円を超えるともいわれます。

 

基本的には、MSのより管理薬剤師のほうが給料は上です。
管理薬剤師になり役職がつけば、年収700万円も夢ではありません。

 

平均年収が400〜500万円で昇給率が低い調剤薬局や病院薬剤師と比べると、長く勤めれば高年収が期待できる業界です。

 

●医薬品業界の年収(30歳独身の場合)
職種年収(単位:万円)
製薬会社(MR)550〜950
製薬会社(研究)600〜700
製薬会社(MR以外)500〜600
保険薬局薬剤師450〜700
病院薬剤師400〜700
ドラッグストア薬剤師500〜600
薬科系大学准教授350〜600
医薬品卸(MS)400〜550

※「よくわかる医薬品業界 長尾剛司 著」 より

 

厳しい経営環境の医薬品卸

 

しかし、最近の医薬品卸の経営状況は、厳しいものがあります。

 

医薬品卸はメーカーからの価格(仕切価)と医療機関への販売価格との差で利益を得ていますが、メーカーからは価格防衛のために高い仕切価を設定され、経営環境が悪化している医療機関からは医薬品卸の競合同士を競わせて安い卸値を要求されるなど、利益を確保しづらい状況となっています。

 

様々なキャリアが選択できる医薬品卸の薬剤師

 

医薬品卸の経営環境は決して楽なものではありません。

 

ただ、医薬品卸で働く薬剤師には大きなメリットがあります。

 

まず、多種多様な医薬品に関わることができること。医薬品卸が扱う品目数は軽く製薬会社をしのぎます。市場のほとんどの医薬品が集まる場所で働くことができるのは、医薬品卸の薬剤師だけです。

 

また、医薬品の管理以外にも様々なキャリアが選択できるところも魅力です。

 

医療機関に学術的な情報提供をする上で、薬剤師の存在は欠かせません。

 

また、最近の医薬品卸は医療機関の経営アドバイザーとしての役割も担っています。そのため、医療機関専門の経営コンサルタントとしてのキャリアを目指せるチャンスもあるでしょう。

 

医薬品卸で働く薬剤師は少数派です。だからこそ、一般の薬剤師には得ることができない経験とキャリアを積むことができるのです。

 

医薬品卸の仕事はどう探す?

 

医薬品卸には薬剤師の活躍できる仕事があります。
しかし、医薬品卸の数は少なく、管理薬剤師などの求人は転職市場にそれほど多くありません。

 

そのため、転職サイトに登録しておくことが必須になります。
転職サイトは人材紹介会社が運営するウェブサービス。求職者と企業をマッチングする役割を担います。
無料で利用できるので、使わないのは損です。

 

当サイトではオススメ転職サイトを紹介しています。

 

 

関連記事

 

薬剤師の仕事は幅広く様々な選択肢があります。
業界別の平均年収をまとめましたので参考にしてみてください。

 

また、普通の薬剤師が年収1000万円を得る方法や、派遣薬剤師として高年収で働く方法も紹介しています。
こちらも参考にしてみてください。

 


医薬品卸 記事リストへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加