薬剤師の転職を成功させるために

薬剤師の転職を成功させるために

薬剤師の転職を成功させるために

転職成功

 

私は「ドラッグストア・調剤薬局・病院」と薬剤師のメジャーな職場を渡り歩いてきました(自慢できることじゃないですが…)。

 

その経験から学んだことは「どんな仕事も大事なことは同じ」ということ。仕事の本質はどの業界も変わらないのです。

 

転職は人生のターニングポイント。「正しい考え方」ができるかどうかが、転職後の人生を左右します。

 

「転職先で活き活きと働く」ために、以下のポイントを確認しておいてください。

 

 

どんな薬剤師ライフにしたい?自分の価値観を明確にする

 

「楽しい仕事なんてないよ。どこに行っても同じだよ」

 

転職を申し出た薬剤師に上司が言う常套句です。

 

ある意味で真実ではありますが、やはり仕事に向き不向きはあります自分の価値観、行動原理に合う仕事をしたほうが充実感があるし、成長するものです。自分に適した仕事に就いたほうが得なのです。

 

「薬剤師としてどのように働きたいか」それは千差万別。薬剤師の数だけ答えがあります。

 

薬剤師として転職を考え始めたらまずすべきことは、自分の価値観を明確にすることです。
ここを適当にして、年収、地理、肩書などで仕事を選んでしまうと、また転職を繰り返すことになります。

 

自分の価値観を明確にする方法

 

あなたは薬剤師としてどのように働きたいでしょうか。理想の薬剤師像はありますか?

 

「自分の価値観を明確にする」と言われると難しそうですが、そんなことはありません。効果的な方法があります。

 

それは「これだけはしたくない」という条件を列挙してみることです。

 

  • 長時間勤務は嫌だ
  • 有給がしっかりとれない職場は嫌だ
  • 人間関係が悪いところは避けたい

 

といった労働環境に関することから

 

  • 調剤ばかりの職場は嫌
  • 勉強会・研修会に参加させてくれるところがいい
  • 売上だけを求められる職場は避けたい

 

など薬剤師業務に関わることまで、とにかく「自分にとって嫌なこと」を挙げてみます。

 

そうすると、「自分はどうゆう人間か」がだんだんわかるようになってきます。

 

なぜ仕事が続かないのか

 

新卒で入社しても半年持たずに辞めてしまう薬剤師をたくさんみてきました。
そういう人は、やはり「自分の価値観」を明確にしないままになんとなく就職しています。

 

例えば、高い年収でドラッグストアに入社しても、商売が嫌いなら苦痛でしかありません。
調剤薬局で調剤ばかりに嫌気がさしているなら、病院や製薬会社など専門性が求められる仕事のほうが合う場合もあります。

 

年収が高いから、家から近いから、友達が就職したから、などでよく考えずに仕事を決めてしまうと、かなり失敗する確立が高いです。
3社を渡り歩いた私の経験からして、「自分の価値観を明確にすること」はとても大事です。

 

自分に合う仕事を調べる方法

 

「自分にどんな才能があるの?どんな仕事に適正があるの?」客観的に教えて欲しいと思いませんか?

 

そこで、オススメの本があります。

 

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす」マーカス バッキンガム (著), ドナルド・O. クリフトン (著), 田口 俊樹 (翻訳) 

 

です。

 

この本についているIDから「ストレングスファインダー」のサイトにアクセスすることで、自分の強み、適職を分析できるサービスを受けることができます。

 

私も5年前に本書を購入しました。私の性格として「収集癖がある」「学ぶことが好き」「内省的(自己分析すること)」などがあり、「作家」「小説家」「編集者」「教育者」などに向いているという結果だったと思います。

 

私は「書く仕事」がしたいとずっと思っていたので、自分の内面を当てられたようでびっくりしました。自己分析の一つとしてやってみてはどうでしょうか?

 

注意!さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かすは必ず新品を購入してください。古本だと「ストレングスファインダー」を受けられない可能性があります。

 

薬剤師転職に関する情報をとにかく集める

 

「自分の価値観を明確にする」作業と並行して、薬剤師の転職に関わる情報をとにかく集めましょう。

 

情報も無しに悩んでいても、まず解決しません。自分が興味がある業界があるなら、しっかり調べてみましょう。

 

方法としては

 

  • インターネットで調べる
  • 書籍を読む
  • 実際に働いている人に聞く

 

などなど、現在は情報を集める手段がたくさんあります。あなたの行動次第でなんとでもなります。

 

インターネット

 

インターネットのおかげで世界中の情報を手軽に手に入れられるようになりました。交通手段の手配から商品購入まで、あらゆることがインターネットを使って可能です。

 

しかし、問題もあります。インターネット上にある無限の情報は玉石混淆。有益な情報からまったくのデタラメまで入り混じっています。

 

ブログやサイトの多くは誰が書いているか分かりません。つまり、情報の信憑性は保証されていないのです。

 

ネットに書いてあることを鵜呑みにするのは危険です。あくまで参考程度にしておきましょう。

 

書籍

 

書籍は筆者をよくみて購入しましょう。やはり、その業界で働いている人の書いた本が参考になります。

 

当サイトでも何冊か参考書籍を紹介しています。

 

働いている人に聞く

 

これがもっとも確実な方法。病院薬剤師や製薬会社の仕事に興味があるなら、そこで働いている人に聞くのが一番いいです。

 

大学時代の先輩だったり友人に関係者がいるなら、積極的に聞いてみるべきです。

 

しかし、私も経験がありますが、まったく知らない他人にいろいろ尋ねるのは気がひけるものですよね。
そうゆう人は、人材紹介会社の転職コンサルタントに聞いてみる方法が楽です。

 

キャリアコンサルタント活用のススメ

 

日本には薬剤師の転職を専門とする人材紹介会社が多数存在します。

 

マイナビ薬剤師ファルマスタッフなど聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?これらの企業は、仕事をさがしている薬剤師さんと、薬剤師がほしい企業を結びつける役割を担う仕事をしています。

 

人材紹介会社に登録するとキャリアコンサルタントから様々なサポートを受けることができます。
彼らは薬剤師転職のプロであり、薬剤師業界に精通しています。

 

「調剤薬局から病院薬剤師に転職したいけど可能ですか?」「製薬会社の学術はどんな仕事ですか?」こういった疑問に分かりやすく答えてくれます。

 

転職を考えはじめたら、まずキャリアコンサルタントに聞いてみるといいです。無料で使えるので、使わないともったいないです。私は2度も使って転職しています。とても便利でしたよ。

 

詳しくは後述する薬剤師専門の転職サイトを賢く利用しようで説明していますので参考にしてみてください。

 

また、当サイトではオススメの転職サイトを紹介しています。

 

最優先する条件を決めておく

 

年収、福利厚生、地域、働きやすさ、仕事の内容……転職先を決めるには様々な条件が絡んできます。

 

人間は欲張りなものですから、転職先には現職場をすべて上回る条件を求めがちです。

 

しかし、このような考え方だと、転職はかなり厳しくなるでしょう。すべてを満足させる企業は滅多に無いからです。

 

薬剤師の職場で考えてみると、

 

  • 大手企業は安定性が高いが、年収が低くなる。
  • 東京、大阪など都会ほど年収は低い。
  • 逆に田舎であるほど年収は高くなる。
  • 小規模の調剤薬局は年収が高いが、安定性は低い。また、休日も少ない。
  • 病院薬剤師は高度な資格を狙えるが、年収は低く福利厚生も期待できないことが多い

 

というように、どの企業も長所と短所があるものです。

 

ですから、「これだけははずせない」という条件を決めておきましょう。
つまり、「何を一番の価値に置くのか」を自分の心によく聞いてみるということです。

 

年収を再優先に考えたいから、多少の労働条件の悪さは我慢する。

 

地元から離れられないから、勤務地を一番に考えたい。

 

臨床薬剤師として活躍したいから、年収、福利厚生は劣ってもよい。

 

このように自分の軸を決めておけば、転職後も後悔することは少なくなると思います。

 

勇気を持って新しい世界に飛び込む

 

結局、転職はやってみないとわからない、ということが真実です。

 

どんなに業界に詳しい人でも、目の前の転職者が成功するか失敗するかは分かりません。どれだけ準備して対策しても、働いてみないと分からないことのほうが多いのです。

 

それなら、「ダメでもともと」という気持ちでチャレンジしてみましょう。勇気を持って新しい世界に飛び込むことは、失敗しても得るものが多いはずです。

 

転職の失敗など長い人生の中でたいした事ではありません。何度でもやり直しは可能です。

 

自分の可能性を信じて、果敢に挑戦して欲しいですね。

 

 

関連記事
⇒ 薬剤師の転職の流れを把握しよう

失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる



「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

薬剤師が転職する前に
薬剤師にとってやりがいのある仕事とは
自分に合う仕事はあるか
薬剤師は将来過剰になるか? 【2017年版】
尊敬できる薬剤師 10の特徴
ダメな薬剤師 10の特徴
転職に失敗する薬剤師の特徴とは?
志の高い薬局経営者の元で働いたほうが良い理由
薬剤師の転職の流れを把握しよう
薬剤師専門の転職サイトを賢く利用しよう
フリーメールを取得しよう
薬剤師におすすめの転職サイト完全版!「2017年」
英語を必要とされる薬剤師の仕事とは?
もう薬剤師辞めたい!新人薬剤師に伝えたい私の体験談とアドバイス
普通の薬剤師が年収1000万円を得る方法とは?
業界別!薬剤師の平均年収まとめ
管理薬剤師の仕事とは?年収は?転職に有利?
転職を繰り返す薬剤師はダメ?不利になるのか?
薬剤師が転職するのにかかる期間はどれくらいか?
なぜ薬剤師の仕事はつまらないのか
薬剤師の職場の人間関係はなぜ辛い?良い人間関係を築くコツとは?
転職に失敗した薬剤師さん。それって後悔することですか?
一人薬剤師は耐えられない!悲惨な現状とは?
病院薬剤師が合わない人は自分の性格を見つめてみるべき
薬剤師さん!ブラック薬局からはすぐ転職すべきですよ!
薬剤師の派遣の時給はなぜ高い?メリット、デメリットは?
薬剤師の転職で感じる「怖さ」の正体とは?
「いつも調剤ばかり!」と嘆く薬剤師は生き残る
商売人たれ!ドラッグストア薬剤師への転職を考える。
「調剤過誤で辞めたい…」薬剤師さん。あなただけの責任じゃない。
未経験で病院薬剤師へ転職できるのか
マイナビ薬剤師の評判は?私の転職サイト体験記!
「薬剤師の仕事研究室」管理人の転職相談室
薬剤師の求人はどう探す?私が実践した方法を紹介
調剤薬局薬剤師への転職を考える
専門薬剤師、認定薬剤師はキャリアアップになる?転職に役立つのか
新人薬剤師の転職相談に現役薬剤師が真剣に答えてみた
MRから薬剤師への転職は多い?成功できるのか?
ママ薬剤師の復帰!悩みは?ブランクでもOKな働き方は?
なぜ薬剤師の年収は上がらないのか?
新人薬剤師は病院薬剤師を経験しておこう!その理由とは?
ドラッグストア薬剤師から病院薬剤師への転職は可能なのか?
病院薬剤師からの調剤薬局へ転職は有利?評価されるのか?
調剤薬局の薬剤師は病院薬剤師に転職できるのか?
薬剤師が転職する時、避けるべき時期とは?
薬剤師は有給をとりにくい?有給をとれる職場を選ぶには?
薬剤師の労働時間は長すぎる!原因と解決策とは?
薬剤師から未経験でCRAへ転職!CRAの仕事に必要な能力とは?
薬剤師が未経験からCRCに転職できるのか?CRC経験者が解説
精神科薬剤師へ転職!仕事に必要な3つの能力とは?

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先