薬剤師が転職するのにかかる期間はどれくらいか? | 薬剤師の仕事研究室

薬剤師が転職するのにかかる期間はどれくらいか? | 薬剤師の仕事研究室

薬剤師が転職するのにかかる期間はどれくらいか?

時計

 

転職には時間がかかるもの?

 

 

転職が初めての人にとって、転職にかかる期間、労力はイメージしにくいものです。

 

薬剤師が転職にかかる期間はどれくらいでしょうか?

 

 

転職にかかる期間は「立場」によって変わる

 

まず、転職の期間に影響するものとして「その人の会社での立場」があります。

 

1年目の新人薬剤師と、5年目の管理薬剤師では、会社から与えられている責任、仕事量などは当然違います。これが、数店舗を統括するエリアマネージャーなどになると、その役割はさらに大きくなります。

 

会社から任されている仕事が多いほど、転職は難しくなります。仕事ができるから責任ある仕事を任されているわけで、上層部からの必死の説得にもあうでしょう。
また、長く勤めるほど社内の人間関係も広がっていくので、同僚、部下からも様々な質問を受けるかもしれません。

 

会社を辞める理由を上手く説明したり、仕事の引き継ぎを行うのは、なかなか骨の折れるものです。管理職であるほど、新人のようにスパっと辞められません。

 

転職は「円満退社」が基本なので、会社になるべく迷惑をかけないように辞めるべきです。「飛ぶ鳥跡を濁さず」ということわざのように、「あいつは責任感のあるやつだったなあ」と思われたいものです。

 

転職したり独立した人の中には、「出戻り」といってまた元の会社に再就職する人もいます。稀なケースですが、円満退社のおかげで戻ってこれたわけで、やはり転職は大人の対応をすべきですね。

 

薬剤師の一般的な転職期間は?

 

通常、3ヶ月前後で転職するケースが多いようです。

 

やはり、応募する企業を決めて、履歴書などを作成・送付し、数社面接するとなると、最低3ヶ月はかかってしまいますね。

 

しかし年収や労働条件などが合致しないと、交渉によってさらに転職期間が伸びてしまうこともしばしばです。半年や1年かかることもザラでしょう。

 

でも、これはあくまで平均であり、早い人だと1週間で転職していまう場合もあります。短期間の派遣だったりパートだと、条件が合えばすぐに決まりやすいです。

 

目指す業界によっても変わってくる

 

転職活動期間は目指す業界によっても変わってくるでしょう。

 

一般的に、ドラッグストアや調剤薬局は常に薬剤師を募集している状態です。大手ほどその傾向は強く、すぐにでも来て欲しいのが本音でしょう。よって、このような企業は双方の条件さえあえば1週間以内で転職できてしまいます。

 

病院への就職だと、少し状況が変わります。

 

大学病院など研究機関を持つ総合病院は、多くの薬剤師が就職を希望します。そのため、求人を募集することはあまりありません。

 

あるとすれば、欠員が出たときです。こういった最先端の病院を目指すなら、いい求人がでるまで待たなくてはならないので、転職活動が長期化するでしょう。

 

しかし、地方の県立病院や単科の私立病院などは、薬剤師が不足しているところも数多く存在しています。こういった病院を希望するのであれば、あとは条件だけになりますね。

 

「急に言われても困る!」会社の言い分について

叱る

 

会社に転職の意思を伝えた時、まっさきに言われる言葉が「急に言われても困る」です。

 

私もドラッグストアを辞める時、部長から言われました。

 

しかし、これは会社の本心であろうと思います。

 

現在はどこの企業も薬剤師が不足しているので、ぎりぎりの人数で店舗を運営していることが少なくありません。
いきなり「辞める」と言われて、「ちょっと待ってくれ!」と言いたくなる気持ちもよくわかりますよ。他の薬剤師にも負担がかかるし、足りなければ他店舗から薬剤師を移動させなければなりません。

 

本人だけの問題ではないんですよね。

 

法的にはどうか

 

こういった状況に対応するためか、会社によっては「3ヶ月前までに退職の意思を伝えること」など規則を設けているところもあります。

 

しかし、実は会社が決めた規則に従う必要はありません。

 

民法により「14日前までに退職の意思表示をすればよい」と定められているからです。

 

会社が決めた規則はあくまで会社内でのルールであり、本来は法律に従うべきです。よって、原則としては2週間前でOKです。

 

転職にかかる期間は人ぞれぞれ

 

結論として、転職にかかる期間は人ぞれぞれです。

 

早い人は1週間以内、遅い人は1年以上かかります。

 

自分の意思・行動力によって早くも遅くもなるので、本当にすぐに転職したいなら積極的に行動するべきです。

 

短期間での転職のメリットとデメリット

 

短期間で転職するメリットは「勢いのまま次にいける」ということです。

 

初めての転職はなかなか勇気のいるものです。いざ転職の意思を会社に伝えても、「本当にこれでいいのかな」という悩みは続くでしょう。その不安感は、転職活動が長引くほど強くなります。

 

転職はある意味「いきおい」がないと成功しません。

 

「3ヶ月で転職する」など自分で期限を決めて、積極的に動くことが大事です。

 

デメリットはスケジュールがタイトになることですね。

 

応募する企業の絞り込み、履歴書など書類の準備、面接の日程決め、面接、年収交渉など忙しい転職活動に加えて、現在の仕事の引き継ぎなども行わなければなりません。自分だけでやろうとするとかなり大変なので、やはりある程度の期間はあったほうがいいでしょう。

 

 

長期間での転職のメリットとデメリット

転職

 

半年以上の長期間転職活動するメリットは、やはり時間的に余裕があることです。

 

しかし、デメリットは転職活動が長期化することによる不安感です。これは、時間が経つほど大きくなるものです。

 

どんなに嫌な会社でも、いざ辞めるとなると迷いが生れます。

 

また、会社を辞めることを伝えた後の職場の人達の態度も変わってくるでしょう。

 

上司からの説得にもあうので、気持ちが揺らいで「やっぱり辞めとこうかな」ということにもなりかねません。

 

 

転職の意思を会社に伝えるタイミングは?

 

このタイミングは難しいですよね。

 

私は夏のボーナス1ヶ月前に退職を申し出て、見事にボーナスが出なかったことがあります(笑)。会社とは冷たいもので、去るものに情けはかけません。当たり前ですが…。

 

早めに伝えたほうが会社にとっては好印象ですが、それで経済的な損を被るのもいけません。養う家族がいる人ならなおさら、貰えるものは貰っておくべきです。

 

転職は円満退社が基本ですが、自分の利益を最大化することも忘れてはいけません。

 

 

細かい調整はプロに任せる

転職相談

 

転職経験豊富な人は自分でどんどん転職活動を進めていけばいいですが、ほとんどの人は初心者のはずです。

 

「転職を考えているけど、何から始めたらいいか分からない」が本音ではないでしょうか。

 

転職活動を始めるなら、やはり転職サイトに登録しておくべきです。

 

転職サイトを運営している人材紹介会社は、求職者と企業を結ぶ役割を担う企業です。

 

薬剤師専門の転職サイトの最大の特徴は、「専属のキャリアコンサルタントがつく」こと。彼らは薬剤師転職のプロであり、あなたが目指す業界の詳しい説明から求人の紹介、履歴書の作成面接調整年収調整など、転職活動のややこしいところをサポートしてくれます。

 

しかも転職サイトは無料で利用できます。これは、転職に成功したときのみ企業から人材紹介会社に報酬が支払われるからです。

 

私は2度の転職活動で、5社の転職サイトに登録していました。最終的にはマイナビ薬剤師に全面的にお任せする形で、転職しました。

 

マイナビ薬剤師のキャリアコンサルタントAさんは仕事ができる人でした。ほぼすべて進めてくれるので、本当に楽でした。働きながら十分転職活動できます。

 

こんな便利なものが無料で使えるなんて嬉しいですよね。というか使わないのは損だと思いますよ。

 

マイナビ薬剤師公式サイトを見てみる(※無料)

 

 

 

また、当サイトでは、マイナビの他にもオススメ転職サイトを紹介しています。

 

転職サイトを運営している人材紹介会社には、それぞれ強み、弱みがあります。
ドラッグストア、調剤薬局、病院、製薬関連と目指す業界によって使い分ける方法もあります。

 

これだけ!薬剤師にお勧めの転職サイト


失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる



「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?

 

薬剤師の転職アドバイス編トップへ戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

薬剤師が転職する前に
薬剤師にとってやりがいのある仕事とは
自分に合う仕事はあるか
薬剤師は将来過剰になるか? 【2017年版】
尊敬できる薬剤師 10の特徴
ダメな薬剤師 10の特徴
転職に失敗する薬剤師の特徴とは?
志の高い薬局経営者の元で働いたほうが良い理由
薬剤師の転職を成功させるために
薬剤師の転職の流れを把握しよう
薬剤師専門の転職サイトを賢く利用しよう
フリーメールを取得しよう
薬剤師におすすめの転職サイト完全版!「2017年」
英語を必要とされる薬剤師の仕事とは?
もう薬剤師辞めたい!新人薬剤師に伝えたい私の体験談とアドバイス
普通の薬剤師が年収1000万円を得る方法とは?
業界別!薬剤師の平均年収まとめ
管理薬剤師の仕事とは?年収は?転職に有利?
転職を繰り返す薬剤師はダメ?不利になるのか?
なぜ薬剤師の仕事はつまらないのか
薬剤師の職場の人間関係はなぜ辛い?良い人間関係を築くコツとは?
転職に失敗した薬剤師さん。それって後悔することですか?
一人薬剤師は耐えられない!悲惨な現状とは?
病院薬剤師が合わない人は自分の性格を見つめてみるべき
薬剤師さん!ブラック薬局からはすぐ転職すべきですよ!
薬剤師の派遣の時給はなぜ高い?メリット、デメリットは?
薬剤師の転職で感じる「怖さ」の正体とは?
「いつも調剤ばかり!」と嘆く薬剤師は生き残る
商売人たれ!ドラッグストア薬剤師への転職を考える。
「調剤過誤で辞めたい…」薬剤師さん。あなただけの責任じゃない。
未経験で病院薬剤師へ転職できるのか
マイナビ薬剤師の評判は?私の転職サイト体験記!
「薬剤師の仕事研究室」管理人の転職相談室
薬剤師の求人はどう探す?私が実践した方法を紹介
調剤薬局薬剤師への転職を考える
専門薬剤師、認定薬剤師はキャリアアップになる?転職に役立つのか
新人薬剤師の転職相談に現役薬剤師が真剣に答えてみた
MRから薬剤師への転職は多い?成功できるのか?
ママ薬剤師の復帰!悩みは?ブランクでもOKな働き方は?
なぜ薬剤師の年収は上がらないのか?
新人薬剤師は病院薬剤師を経験しておこう!その理由とは?
ドラッグストア薬剤師から病院薬剤師への転職は可能なのか?
病院薬剤師からの調剤薬局へ転職は有利?評価されるのか?
調剤薬局の薬剤師は病院薬剤師に転職できるのか?
薬剤師が転職する時、避けるべき時期とは?
薬剤師は有給をとりにくい?有給をとれる職場を選ぶには?
薬剤師の労働時間は長すぎる!原因と解決策とは?
薬剤師から未経験でCRAへ転職!CRAの仕事に必要な能力とは?
薬剤師が未経験からCRCに転職できるのか?CRC経験者が解説
精神科薬剤師へ転職!仕事に必要な3つの能力とは?

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先