薬剤師が転職する時、避けるべき時期とは?

避けるべき

薬剤師の転職には避けるべき時期がある

 

 

薬剤師が具体的に転職活動を開始するのはいつだと思いますか?

 

それは3月です。

 

転職を考えだすタイミングは人それぞれなのに、多くの薬剤師は3月に転職活動を開始しているのです。
意外ですよね。

 

なぜ3月に転職者が多いのか?

これはやはり「4月入社を目指して」だと思います。

 

4月は始まりの季節。新入社員は期待と不安を抱えて入社します。

 

心機一転「新卒薬剤師と同じように新しいキャリアをスタートさせたい」と考える薬剤師さんが多いのでしょう。

 

4月入社は不利!?

しかし、4月入社を目指して転職活動している薬剤師さんに一つだけお伝えしたいことがあります。

 

4月入社は避けたほうがいい!

 

実は、ある程度経験のある薬剤師が転職する場合、4月入社を希望すると不利になることがあるのです。

 

実際、私はそれを経験しています。

 

これからお伝えすることは、薬剤師が転職を有利に進めるために知っておいたほうがいいです。

 

短いので、頭の片隅にでも置いておいてください。

 

4月入社は新卒薬剤師が優遇される

 

それでは、なぜキャリアのある薬剤師は4月入社を避けるべきなのでしょうか?

 

それは

 

4月は新卒薬剤師が優遇されるから

 

です。

 

2月後半〜3月は転職希望者で大忙し

2月後半から3月は、薬剤師の転職市場は最高潮を迎えます。
転職希望者がいっきに増えるので、会社側も採用活動で大忙しになります。

 

特に多いのが、第二新卒と呼ばれる3年目くらいの薬剤師です。
この層は転職が活発的で、4月入社を目指して2月あたりから活動を開始します。

 

薬剤師の転職市場が変わる

一般的に薬剤師の転職市場は、薬剤師の圧倒的有利です。
売り手市場なので、会社側との交渉で比較的有利な条件を引き出すことが可能です。

 

しかし、1年のうち2月後半〜3月は唯一、この形勢が逆転します。
買い手市場傾向となり、会社側が薬剤師を選べる立場になることが多いのです。

 

キャリアがあると断られる!?

一般的な会社だと、キャリアのあるビジネスマンは転職市場で有利になります。
もちろん、これは薬剤師業界でも言えることです。

 

しかし、薬剤師業界というのは特殊で、経験のある薬剤師をあえて敬遠する経営者がいるのです。

 

私の場合がそうでした。

 

私は30歳の時に、2度目の転職活動を始めました。

 

「病院に就職したい」という方向性はあったものの、地元で評判の良い薬局チェーンがあれば知っておきたいと思い、3社ほど検討していました。

 

3社とも書類審査が通り、面接も好感触で終えることができました。

 

「これはまあ内定もらえるかな」と安心していたのですが、しかし、突然F社からお断りの電話がありました。

 

担当のキャリアコンサルタントによると、私が断られたのはこんな理由でした。

 

「後から2年目の薬剤師との面接が決まった。F社の経営者は非常に会社のカラーにこだわっている。そのため新卒から薬剤師を育てることにこだわっていて、なるべく経験のない薬剤師が欲しい」

 

つまり、F社は薬剤師の対応や調剤方法に非常にこだわっていて、新卒から徹底的に指導したい、という会社だったのです。
何も染まっていない真っ白な薬剤師が欲しかったわけですね。

 

私のように6年もキャリアがあって、ある程度自分のやり方を確立している薬剤師は、できれば敬遠したかったのでしょう。

 

キャリアがあることが返って不利になる――こんなバカな話があるかと思いますが、会社というのは経営者の意向で決まります。小さな会社ほどその傾向が強いです。

 

理不尽と感じますが、それが社会というものなのでしょうがないですね…

 

他にもある4月転職のデメリット

 

他にも4月入社することのデメリットはあります。

 

年収交渉の難易度が上がる

薬剤師さんが転職する場合、年収交渉は必ず行わなければなりません。

 

なぜかというと、交渉しないと年収が一番低いところに抑えられてしまうからです。

 

結局のところ、サラリーマンの年収は経営者との綱引きです。
経営者はなるべく給料を抑えたいのですが、会社や市場の状況によってある程度決まった給料を払わなければなりません。

 

現状、薬剤師はかなり不足しており、そのため交渉次第でかなり高額の年収を引き出すことができます。

 

しかし、転職志望者が増える3〜4月だと「薬剤師不足」の神通力が効きにくくなってしまいます。

 

なるべく高い年収で内定を得るなら、この時期は避けるべきなのです。

 

業務に慣れる時間がない!

薬剤師が転職するなら、なるべく4月までに業務に慣れておきたいものです。

 

なぜなら、新卒薬剤師と比べられるからですね。

 

新卒薬剤師は仕事ができなくても仕方ない部分があります。会社側もそれは分かっていて、3年くらいで一人前にしようとゆっくり育てる方針です。

 

しかし、転職してきた薬剤師はやはり即戦力として期待されます。なるべく早く業務になれて、仕事を回してほしいのです。

 

仕事のスキルが新卒薬剤師と比べてたいしたことがなければ落胆されるだろうし、下手をすれば先輩方からの風当たりが強くなるかもしれません。

 

これでは転職しても楽しく働けないでしょう。

 

4月になって新卒薬剤師が大勢入社してくると、先輩方は彼らの指導で大忙しになります。
そのため、遅くても2月までには入社し、まだ余裕のある先輩の指導を受けつつ早く業務に慣れておきましょう。

 

薬剤師が転職するなら4月は避けて!

 

結論として、薬剤師が転職するのに4月入社はほとんどメリットがありません。

 

薬剤師の転職が落ち着く7〜8月辺りか、遅くても2月までには転職活動を開始しましょう。

 

関連記事

普通の薬剤師が年収1000万円級の高年収を得る方法とは?


失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる



「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?

 

薬剤師の転職アドバイス編トップへ戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加