病院薬剤師に向いている人 | 薬剤師の仕事研究室

病院薬剤師に向いている人 | 薬剤師の仕事研究室

病院薬剤師に向いている人

病院薬剤師に向いている人

 

「どんな仕事でも3年は続けるべきだ」という意見があります。

 

「すぐに辞めてはいけない」という先人からの教えではありますが、やはり仕事には相性があります。
自分と肌が合う仕事をしたほうが打ち込めるし、能力も伸びるはずなのです。

 

薬剤師業界にもそれは言えます。

 

私の経験や優秀な同僚を見ていて感じた、「病院薬剤師に向いている人」について紹介します。

 

 

 

(1)処方せん医薬品だけを勉強したい

 

病院はドラッグストアや調剤薬局のようにOTC医薬品や生活用品を扱いません。

 

よって処方せん医薬品をメインに扱うことになります。

 

病院が採用している医薬品数は、規模により違ってきますが、総合病院は1000〜1500種類専門病院で600〜800種類といったところでしょうか。

 

基本的には採用医薬品だけを把握していればよいので、カバーする範囲は狭くなります。

 

しかし、個々の医薬品について、相互作用や薬物動態など深い知識が求められます。

 

また、毒薬、劇薬の特殊な薬、輸液、注射剤など病院でしか扱っていない薬剤もあります。

 

スポンサーリンク

 

(2)専門薬剤師に興味がある

 

現在、専門薬剤師として認定されているのは、「がん専門薬剤師」「感染制御専門薬剤師」「精神科専門薬剤師」「妊娠・授乳婦専門薬剤師」「HIV感染症専門薬剤師」などがあり、他にも専門薬剤師の名称を使ってないものの、各種の認定薬剤師制度があります。

 

認定薬剤師は専門薬剤師への通過点というイメージがわかりやすいでしょう。

 

認定薬剤師は薬局薬剤師でも取得できるものも多いですが、専門薬剤師は取得条件がかなり厳しいです。
とくに上記の5領域は、病院薬剤師であることが必須で、しかも研究力のある総合病院が望ましいです。

 

中小病院など人員不足やもともと環境が整ってなかったりで、取得には非常に努力しなければなりません。

 

専門薬剤師に興味のある人は、病院へ就職すべきです。

 

(3)他の医療従事者と仕事がしたい

 

病院薬剤師は、医師や看護師など医療従事者と接することが多くなります。カンファレンスや感染対策委員会などでは、意見を交換しあい共同して仕事をしていきます。

 

医師や看護師から薬についての質問を受けることも多く、時には論文に当たらないと解決できないものもあります。
他職種からの要望に答えることは、「薬剤師に求められていることは何か」と気付くきっかけにもなります。苦労もありますが、深い知識を得られる面白みもあります。

 

病院には医師、看護師以外にも様々な職種があります。
臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、臨床心理士、栄養士、ソーシャルワーカー、医療事務、総務……
いろんな人がいて医療が回っていることを実感します。
専門職はそれぞれの立場や事情で仕事を進めています。チーム医療に貢献するには、相手の立場を尊重した姿勢が求められます

 

同僚として他の医療従事者に接することができるのは、病院薬剤師ならではではないでしょうか。
また、他職種の仕事を知ることで、医療を多面的に見ることができるようになります。

 

(4)学術的な知識に興味がある

 

病院内の薬局は、総合病院の門前薬局などと比べると、採用品が比較的少ないです。単科の病院ならさらに少なくなるでしょう。

 

しかし、相互作用や薬物動態、化学構造式など、薬について深い知識を求められることがあります。

 

また、薬物療法を理解するためには、疾患の知識が必須です。医師や看護師など他の医療従事者とのコミュニケーションに欠かせないものでもあります。

 

医師からの質問に答えたりカンファレンスのために、インタビューフォームや学術論文まで目を通すこともあります。こういった仕事を通じて、学術的な知識を得ることができます。

 

薬理学が好きだったり、生理学や病理学を学んでいきたい人は、病院薬剤師をお勧めします。

 

(5)人とのコミュニケーションが苦手でもなんとかなる

 

ドラッグストアや調剤薬局と比べて、病院はそれほどビジネスマナーを求められません。服装や髪型に規定がないところも多いかと思います。

 

個人的には、病院こそビジネスマナーが必要だと思っているのですが、そもそも病院には「患者さんはお客様」という考え方が少ないです。
私の先輩は「医療は完全なサービス業ではないよ。7割は税金でまなかっているんだから」と言っていました。

 

しかし、患者さんを不快にさせないように、最低限のマナーは必要です。

 

関連記事
>

 

おすすめ記事

病院薬剤師は人気の職業です。それでは病院薬剤師の年収と労働環境はどのようなものでしょうか?
また、未経験で病院薬剤師に就職できるのでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる


「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先