病院薬剤師のデメリット | 薬剤師の仕事研究室

病院薬剤師のデメリット | 薬剤師の仕事研究室

病院薬剤師のデメリット

病院薬剤師のデメリット

 

病院薬剤師は病棟でチーム医療に参加できるということで、薬学生には一番人気の職種らしいです。

 

しかし、病院薬剤師しか分からない苦労もあります。

 

ここでは病院薬剤師として働くデメリットを紹介します。

 

(1)年収が低い

 

病院薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアと比べて、年収が低いです。

 

病院の規模、国立か民間かなどで違いがでますが、平均年収は間違いなく低いでしょう。

 

これは、病院経営のビジネスの構造上、仕方のないことなのです。
病院で一番売り上げを上げているのは医師であり、マンパワーを必要とする看護師も多数必要です。そうなると、優先順位的に薬剤師に高い人経費を払うことが難しくなるのです。

 

スポンサーリンク

 

(2)ビジネスマナーが身につきにくい

 

病院薬剤師は、大手の調剤薬局やドラッグストアチェーンほど、ビジネスマナーを求められません。

 

商売の要素が少なく、「医療者と患者は対等である」という経営者(院長)が多いからではないでしょうか。

 

理由として

 

  • 市場を奪い合う競合他社が少ない
  • 医療はサービス業だが、お客様という感覚が薄い。
  • 昔からそのようにしてきたから、それが当たり前

 

などが上げられます。

 

病院は保守的な構造である場合が多く、変化を好みません。今まではこれでやってこれたから変えたくない、という思いもあるでしょう。

 

しかし、ビジネスマナーを求められない環境が、医療サービスの劣化を招いている部分もあると思います。

 

もちろん、医療は,、小売り業など商売とは一線を画するものです。
内田樹 氏は著書「街場のメディア論」で、「医療を商取引モデルで考えはじめたことが、クレーマーの増加など医療崩壊を招いた原因である」と述べていますが、その通りだと思います。

 

しかし、個人的な意見としては、病院はマナーをもっと向上させるべきだと思います。
病気から悩みを持つ方も多く、気分も塞ぎがちです。医療従事者の心ない一言が、さらに患者さんを追い詰めることにもなりかねないからです。

 

例えば、病院薬剤師の中には、プライドが高く、「患者に教えてやっている」というような態度をとる者もいます。
身体障害者をからかったり、痴呆の高齢者を子供のように扱う姿も見たことがあります。勘違いもはなはだしく、品性を疑われます。一般企業であれば、懲戒ものでしょう。こうゆう輩の行為がまかりとおる、病院の在り方もの問題があります。

 

また、服装がだらしなかったり、びげや鼻毛が伸び放題の薬剤師もみたことがあります。
いくら能力が高くても、患者さんからすれば信用できなかったり、不快にさせることもあります。

 

その点、製薬会社や大手チェーンのビジネスマナーは素晴らしいものがあります。
大手ほど接遇が企業間の差につながることを分かっているため、新人に徹底的にビジネスマナーをトレーニングします。特に、MRのマナーや話し方は素晴らしく、学ぶことが多いです。

 

最近の民間病院はどこも経営に苦しく、ビジネスマナーを見直そうとする病院も増えてきているようです。

 

ビジネスマナーの向上は、病院にとって必須の課題といえます。

 

(3)社会常識に乏しくなりがち

 

病院しか経験してない薬剤師は、社会常識に乏しくなりがちです。

 

これは医師や看護師にもいえることですが、驚くほど社会常識がない人がいます。

 

病院がもともと閉鎖的な空間であり、仕事が病院内だけで完結することが多いことが原因だと思います。一般企業と違って、外部関係者の出入りが極端に少ないからです。

 

(4)ハードな勤務であることが多い。夜勤がある

 

病院薬剤師はハードな勤務になりがちです。
経営的な理由で多くの薬剤師を雇うことができないため、一人に大きな負担がかかることが多いです。

 

また、病欠や突然の退職があっても、他店から応援を呼ぶわけにもいきません。
この環境の違いは、大手の調剤やドラッグストアチェーンと大きく異なる点です。

 

また、病院薬剤師は夜勤があることが多いです。
大抵は一人勤務なので、重要な判断も独断で行わなければなりません。身体的にも精神的にも大きな負担がかかりますが、勉強になることも多いです。

 

(5)精神的にきつい場面が多い

 

病院薬剤師は、入院患者と接する機会が多いといえます。
入院患者は重篤な場合もあるので、人の死と向き合う場面も多くなります。

 

とくに、癌患者など余命いくばくもない方と接することは、精神的にかなり堪えます。
勉強になることも多いですが、やはり様々な点に気を使わなければならないため、消耗も激しいです。

 

薬学生の中では、「がん専門薬剤師」の人気が高いらしいですが、がん患者と向き合うということがどうゆうことか、理解している人は少ないと思います。
抗がん剤という非常に危険性の高い薬剤を扱い、患者の生死に直結するような薬物治療に関わることは、精神的に物凄い負担がかかってくるはずです。
肩書やイメージだけで目指す前に、現実を知ることが必要です。

 

 

関連記事

 

おすすめ記事

病院薬剤師は人気の職業です。それでは病院薬剤師の年収と労働環境はどのようなものでしょうか?
また、未経験で病院薬剤師に就職できるのでしょうか?


病院薬剤師 記事リストへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる


「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先