医薬品卸の管理薬剤師 | 薬剤師の仕事研究室

医薬品卸の管理薬剤師 | 薬剤師の仕事研究室

医薬品卸の管理薬剤師

 

医薬品卸は製薬会社と同じく医薬品を中心に扱う業態です。

 

しかし、薬学部出身者は少なく、むしろ少数派といえるでしょう。

 

MSなどの営業職は、文系出身者が多い業界です。

 

薬剤師として医薬品卸を希望するなら、管理薬剤師がお勧めです。

 

 

医薬品卸の管理薬剤師

 

一般的に調剤薬局の管理薬剤師は、調剤室の医薬品の在庫管理や、従業員のマネジメントを行なっています。

 

それに対して医薬品卸の管理薬剤師の業務は、医薬品情報の管理が中心となります。

 

医薬品卸の管理薬剤師は、自社が扱う膨大な商品についての情報を、医療施設などに提供していく仕事を担います。

 

DI業務(学術)がメインとなる仕事といえるでしょう。

 

製薬会社にも学術部門はありますが、医薬品卸の学術との大きな違いは、扱う商品の多さと多彩さです。

 

一つの製薬会社が主力商品とする製品は限られていますが、医薬品卸には市場に流通するほぼすべての製品が集まります。それは、医薬品のみならず、健康食品、医療機器、ヘルスケア商材など多種多様です。

 

顧客となる医療機関も様々で、大学病院、医院、診療所、歯科医院、老人ホームなど多様な施設から、取り扱う商品に関しての問い合わせが来ます。

 

製薬会社の学術は、自社製品に関する専門性の高いデータを持っています。
それに対して医薬品卸の管理薬剤師は、市場に流通する多種多様な医薬品や医療関連商品を幅広くカバーしていると言えるでしょう。

 

また、医薬品情報を公平に評価する能力も、医薬品卸の管理薬剤師の重要な職務です。

 

製薬会社は自社製品にとって有利な情報を集めるため、その情報にはどうしてもバイアスがかかります。

 

しかし、医薬品卸は同薬効の医薬品を平等な眼で評価し、正しい情報を顧客に提供しなければなりません。そのためには、日頃から研究論文やデータを集め、それを読み込み把握しておく必要があります。

 

また、医薬品卸の管理薬剤師は、薬事法、医療法、健康保険などの法律についても勉強が求められます。

 

また、新薬の発売や、新型インフルエンザなど感染症の拡大など最新のトピックを集め、調剤報酬改定や、薬事法の改定に関する資料を作成し、定期的に医療施設に配布することも行われます。

 

 

 

関連記事

医薬品卸の年収と労働環境

 


医薬品卸 記事リストへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる


「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先