ドラッグストア薬剤師の年収と労働環境 | 薬剤師の仕事研究室

ドラッグストア薬剤師の年収と労働環境 | 薬剤師の仕事研究室

ドラッグストア薬剤師の年収と労働環境

ドラッグストアの給与

 

最近は、新卒でドラッグストアに入社する薬剤師が増えています。
調剤併設店ならOTC・調剤の両方を経験できることを魅力に感じる人も多いようです。

 

ただ、なんといっても「年収」は仕事を決める上で重要な要素ですよね。

 

ドラッグストアの薬剤師は、薬剤師が関わる業種の中でも高収入のイメージがありますが、実際はどうでしょうか?
仕事内容、労働時間は?

 

 

ドラッグストア薬剤師の年収は高め

 

病院や調剤薬局と比べて、ドラッグストア薬剤師の年収は高いです。

 

業界別の年収目安は以下のようになります。

 

調剤薬局約400〜650万円
ドラッグストア約400〜700万円
病院約400〜700万円
製薬会社約400〜800万円以上

 

ドラッグストア薬剤師の年収は会社によって多少異なりますが、だいたいのイメージは以下のようになります。

 

新卒 450万円くらいからスタート
5年目  500万円前後
店長クラス(管理職) 600〜700万円

 

ドラッグストア薬剤師は、新卒時は年収が高めです。

 

薬学部の就活生は、製薬会社か病院を希望することが多いですが、ドラッグストアの人気はあまりありません。

 

企業は高給や家賃補助、祝い金など様々なオプションをつけて学生を採用しようとします。

 

しかし、ドラッグストアで定期昇給はなかなか難しいです。

 

景気の悪い現在は、人件費を減らすため昇給をさける傾向にあるからです。昇給するには、店舗の売上を上げるなど数値として結果をださなければなりません。そのためドラッグストアの平社員の平均年収は500万円くらいでしょう。

 

ドラッグストア薬剤師として年収を大きくあげるなら、管理職に昇進することです。ただし管理薬剤師でなく、複数の店舗を統括するエリアマネージャーのクラスです。

 

ドラッグストア薬剤師として調剤室の管理薬剤師になっても、手当が1万円くらいつくぐらいです。経営者は管理薬剤師を、管理職とは思ってないのでしょう。

 

まとめると、「ドラッグストア薬剤師は最初は年収が高いが、平社員では年収が上がりにくい」です。

 

しかし、管理職、経営層とポストを上げていけば大幅な年収アップを望めます。

 

ただし、管理職のポストは上にいくほど少なくなるため、競争を勝ち抜かなければなりません。

 

 

ドラッグストア薬剤師の労働環境

 

ドラッグストアは10時開店、21時閉店の11時間営業である企業が多いです。そのため、薬剤師の勤務時間も長くなりがちです。

 

どこのドラッグストアも薬剤師不足なので、必然的に一店舗の配属される薬剤師も少なくなります。

 

調剤業務や第一類医薬品販売は、薬剤師でないと業務を行えないので、薬剤師は常に店舗に常駐しなければなりません。それでドラッグストア薬剤師は長時間労働になりがちなのです。

 

ドラッグストアの薬のコーナーで「薬剤師不在のため医薬品販売ができません」と書かれた看板がぶらさがっているのをみませんか? 

 

営業ができなくなるほど、現在は薬剤師が不足しているのです。

 

ドラッグストアは年中無休なので(元旦は休みのところが多い)、薬剤師も完全週休2日が基本です。ゴールデンウイークやお盆、正月など長期休暇をとることは、困難であると思っていたほうがいいです。

 

かなり薬剤師が不足している企業だと、休日出勤しなければならないケースもあります。その分、給料は高くなりますが、体力的にはきついです。

 

将来的にはどうなる?

最近「ドラッグストア薬剤師」に興味をもつ人が増えているようです。

  • 高年収のドラッグストア薬剤師に興味がある
  • 調剤とOTC両方に関わりたい
  • 在宅に関わって、地域医療をささえたい

こんな希望を持つ人に、ドラッグストア薬剤師は最適です。

 

日本のドラッグストアはまだまだ発展途上です。
欧米諸国はドラッグストア薬剤師が処方せん調剤の中心を担います。薬剤師は地域医療の担い手として認識され、国民から尊敬される存在です。

 

ですから、今後の日本でもドラッグストア薬剤師の職域は広がっていくでしょう。

 

ドラッグストア薬剤師の求人はどこにある?

ドラッグストアに就職するなら、やはり年収にはこだわりたいですよね。

 

地元のドラッグストアを探すなら、ハローワークや雑誌の広告などで求人を探すのが一般的です。

 

しかし、実は転職サイトを使うのがもっとも有効であることを知っていますか?

 

転職サイトを運営している人材紹介会社は、企業と薬剤師を結びつける役割を担う企業です。あなたに代わって、あなたの希望にそった求人を探してくれるのでとても便利で楽です。

 

転職サイトの一番のメリットはキャリアコンサルタントがつくこと。求人の紹介から履歴書の書き方、面接日の調整まですべて行ってくれるので、働きながら転職活動できます。

 

しかも、利用は無料です。使わないのはもったいないですね。

 

当サイトでは数ある転職サイトから5つ厳選して紹介しています。

 

転職サイトにはそれぞれ特徴があります。メリット、デメリットを把握してあなたの希望に合うものに登録してみてください。

 

薬剤師におすすめの転職サイト完全版!「2017年」

 

 

「一括登録」が使いやすい

「とりあえず求人を幅広くみてみたい!」という薬剤師さんなら、「薬剤師ナビ」を紹介します。

 

薬剤師ナビはあなたの希望条件から、最適な3社選んで紹介してくれるシステムです。

 

登録されている人材紹介会社は大手企業を含む優良企業ばかり。もちろん当サイトで紹介しているエムスリーキャリア、マイナビも登録されています。

 

薬剤師ナビは一度登録するだけなので、とても簡単です。

 

働きながらの転職活動は本当に大変です。私も経験がありますが、自分1人の力では大変ですよ。転職サイトを使って有利に転職活動を進めてください。

 

「いまは転職する気はないんだけど」というあなたでも大丈夫。今の職場で働きながら求人を紹介してもらってじっくり検討してください。

 

薬剤師ナビ 公式サイトを見てみる(※無料)

 

 

転職に悩む薬剤師向けに転職相談を始めました。

 

当サイト管理人である私は、ドラッグストア、調剤薬局、病院薬剤師の経験があります。あなたの転職に役立つ情報をご提供できるかと思います。

 

詳細はこちらをご覧ください→薬剤師の転職相談室

 

 

関連記事

 

業界別に薬剤師の平均年収をまとめました。調剤薬局、病院、CROなどに興味のある方はご覧ください。

 

また、普通の薬剤師が年収1000万円を得る方法や、派遣薬剤師として高年収で働く方法も紹介しています。
こちらも参考にしてみてください。

 

 


ドラッグストアの薬剤師 記事リストへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる


「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先