調剤薬局薬剤師の年収はどうしたら上がる?労働環境は働きやすい?

調剤薬局薬剤師の年収はどうしたら上がる?労働環境は働きやすい?

調剤薬局薬剤師の年収はどうしたら上がる?労働環境は働きやすい?

調剤薬局の給与

 

全薬剤師に占める割合が一番大きいのが調剤薬局の薬剤師です。

 

新卒の薬剤師が最も多く就職するのが調剤薬局といえるでしょう。

 

また、その働きやすさから、子育てに忙しいママさん薬剤師に好まれる環境とも言えます。

 

その年収はどれほどでしょうか。

 

どうすれば調剤薬局の薬剤師は年収を上げることができるのでしょうか?

 

 

高くも低くもない、調剤薬局薬剤師の年収

 

調剤薬局薬剤師の年収は、平均的といえます。

 

業界別の年収目安は以下のようになります。

 

調剤薬局約400〜650万円
ドラッグストア約400〜700万円
病院約400〜700万円
製薬会社約400〜800万円以上

 

一口に調剤薬局と言っても、大手の全国チェーン、20店舗ほどの中堅、3店舗くらいの個人薬局など様々です。勤める企業規模により年収はかわってきます。
クオール、日本調剤など全国チェーンの年収をイメージしてみましょう。

 

新卒だとだいたい400万円くらいからスタートです。

 

地方勤務のほうが年収は上がる

しかし、勤務条件や勤務地で年収が若干違ってきます。
大手企業では、全国どこでも勤務可能だと年収が上がる傾向があります。

 

なぜかというと、一般的に薬剤師は、都会での勤務を希望することが多いからです。そうすると、東京や大阪などの都会よりも、岐阜や島根、山口などの地方都市で不足する傾向にあります。
地方都市のさらに僻地だと、確保できる薬剤師は激減するでしょう。

 

つまり僻地で薬剤師を確保するために、全国どこでも移動できる薬剤師は、会社にとっては非常に使いやすいわけです。
企業によっては地方手当として数万円を上乗せしたり、住宅補助を全額支給したりするので、地方で働いたほうが年収を上げ易いです。

 

定期昇給は少なめ。。

ただ、調剤薬局薬剤師は定期昇給が少ないです。
医療財政が困窮している現在は、調剤報酬も年々下がっています。会社の増収が望めない中で、薬剤師の昇給を大幅に上げることは難しいのです。

 

しかし、店舗を増やすため薬剤師を確保しなければならない各企業は、新卒の薬剤師には高い年収を提示することが多いです。さらに家賃補助や福利厚生を充実させて、魅力的な企業にみせようとします。

 

大手調剤薬局で年収を大幅に上げようとするなら、管理職に昇進するしかありません。管理職といっても管理薬剤師でなく、複数の店舗を管理するエリアマネージャーレベルです。

 

管理薬剤師になると数万円の手当がつきますが、大幅に年収が上がることはありません。
年収700万円以上を目指すなら、エリアマネージャークラスに昇進することです。

 

しかし、経営陣に近づくほどポストは少なくなり、熾烈な競争を勝ち抜かなければなりません。

 

 

まとめると、大手調剤チェーンは、最初の年収は普通ですが、昇給が難しい傾向にあります。管理薬剤師になると数万円の手当がつきますが、年収に大幅な上昇はありません。

 

年収を大幅にあげるには、エリアマネージャークラスの管理職になることです。

 

一流企業並みの年収を得る方法もある

エリートビジネスマン

 

調剤薬局とは不思議な業界です。

 

一般的な企業なら、大手であるほど年収は高くなります。
しかし、調剤薬局薬剤師は、平社員であれば大手であるほど年収が低いです。

 

逆に、中小企業であるほど、年収が高くなる傾向があります。

 

これは、薬剤師の年収が需要と供給により決まっているからです。

 

大手調剤チェーンは、そのネームバリューと資金をかけた採用活動で、多くの新卒薬剤師を採用できます。
大企業に勤めることは望むのは世の常です。そのため大手調剤チェーンは薬剤師の人件費を低く抑えることができます。
大企業という安定性を得る代わりに、低い年収を受け入れているわけです。

 

しかし、中小企業はどこも薬剤師の確保に頭を悩ませています。
よほどその企業に魅力がなければ、わざわざ小規模の調剤薬局に就職を希望する学生は少ないでしょう。

 

そのため、中小企業は薬剤師の年収を上げざるおえません。
地方都市で僻地であるほど、その傾向は顕著です。
たとえば、30歳くらいの薬剤師で800万円以上、企業が提示する勤務条件をのめば1000万円近い年収を得ることも可能です。
年収が高めの企業の特徴は以下です。

 

  1. より地方(僻地)で
  2. 薬剤師の確保が難しい場所で
  3. 店舗が3店舗以下であり
  4. 薬剤師の離職や新店舗の立ち上げで、薬剤師の確保が急務であり
  5. 管理薬剤師を募集している

 

上記のような調剤薬局は、日本に多く存在しています。

 

高年収求人の探し方は?

調剤薬局薬剤師として高年収を望むなら、転職サイトを使うのが一番便利です。
転職サイトに登録すると、キャリアコンサルタントが求人の紹介から面接のセッテングまですべてサポートしてくれます。

 

もちろんハローワークや雑誌・広告の求人欄から応募することも可能ですが、好条件求人を探すとなると現実的ではありません。

 

転職サイトを運営している人材紹介会社は、日本中から求人情報を集めています。求人の数と質は比較にならないほど優れています。
しかも無料なので、使わないのはもったいないです。

 

サイト管理人の私は、転職サイトを使って一流企業並の年収を実現したことがあります。
その方法を「普通の薬剤師が年収1000万円を得る方法とは?」で詳しく紹介しているので、参考にしてみて下さい。

 

調剤薬局薬剤師の労働環境

服薬指導する薬剤師

 

プライベートを優先させやすい

調剤薬局は、基本的には隣接する病院の営業時間と同じです。外来診療を行う時間は、調剤薬局も営業を行います。

 

病院は18時から19時くらいで営業を終了することが多いので、薬局もそれにともない閉店します。その後の閉店業務を考慮しても、早めに帰宅できることが多いです。

 

調剤薬局は勤務時間が決まっているので、子育てを行う女性にも働きやすいです。

 

開業医院はゴールデンウイーク、やお盆、正月は長期休暇をとる所が多いです。そのような病院の門前薬局も、長期休暇をとることができます。

 

土曜日は午前中だけ営業しても、日曜、祝日は完全休みになるので、プライベートを充実させたい人には働きやすいです。

 

調剤薬局は処方せんが集中する時間帯(午前診療の9時〜12時、午後診療の16時〜18時)は忙しいですが、それ以外の時間帯は暇なことが多いです。
そういった時間に、発注をしたり、資料を作成したりします。

 

ミスが許されないプレッシャー

ただ、調剤薬局ならではの大変さもあります。
それは「調剤ミスに対するプレッシャー」です。

 

調剤のプレッシャーは、調剤に関わる薬剤師なら誰でも感じるものですが、調剤薬局の薬剤師は特にそれが顕著です。
なぜなら、調剤薬局の薬剤師は、日々大量の処方せんを調剤しなければならないからです。

 

「早くしてよ」という患者さんの指すような視線を感じながら、素早く正確に調剤・鑑査を行い続けるのは、実際かなり消耗します。

 

一般的に調剤薬局は、収益の9割以上を処方せん調剤から得ています。そのため、1日中調剤のみになるのは仕方ありません。
ただ、集中し続けるにも限度があるというものです。

関連記事

「調剤過誤で辞めたい…」薬剤師さん。あなただけの責任じゃない。

 

調剤を楽しめる人はいいですが、「調剤だけはイヤ!」という方はドラッグストアや病院薬剤師も検討されるとよいでしょう。

 

最近は「病棟薬剤業務実施加算」のように病院薬剤師の業務でも診療報酬が加算できるようになりました。
そのため、病院薬剤師の求人が増えています。

関連記事

病院薬剤師の年収と労働環境は?将来はどうなる?現役薬剤師が解説

 

人間関係が一番大事?

正直言って、調剤薬局で最も大事なのは「人間関係」です。
いや、これが上手くいけば大成功と言ってしまっても過言ではないかもしれません。

 

一般的に調剤薬局の店舗はかなり狭いです。この閉鎖空間で合わない人間がいると、もはや逃げ場がありません。
ドラッグストアや病院は広いので、まだ薄まるんですけどね…

 

調剤薬局の転職活動は、かならず勤務先を見学してください。
特に薬局長(管理薬剤師)の人柄を観察しておきましょう。少しでも違和感があったら、立ち止まってよく考えてください。

 

調剤薬局は様々な働き方が可能。だから働きやすい。

 

調剤薬局は仕事も年収も様々な選択肢があるところが最大の魅力です。
大手チェーン薬局なら、調剤だけでなくOTC、在宅と様々な業務を経験することも可能です。

 

  • 正社員としてしっかりとして教育制度の整った薬局でキャリアを積む
  • 処方せん調剤からOTC、在宅と幅広い仕事を経験できる
  • パート薬剤師として空いた時間を有効利用
  • 薬剤師が不足している薬局で、破格の年収で働く

 

このように、薬剤師さんのニーズにマッチした求人を選びやすい。そこが「働きやすい」と言われる理由です。

 

また、在宅医療に力を入れる調剤薬局が増えています。
迫る超高齢化社会で病院の負担を軽減するため、地域医療の充実が叫ばれています。その中で、調剤薬局は重要な役割を担うでしょう。

 

キャリア形成を考える上でも、調剤薬局は魅力的です。

 

調剤薬局薬剤師の求人はどこにある?

カウンセラー

 

ではどうやって好条件の求人を探すかということですが、先に少し紹介したように転職サイトを使います。

 

転職サイトを運営している人材紹介会社は、企業と薬剤師を結びつける役割を担う企業です。
あなたに代わって、あなたの希望に合う求人を探してくれるのでとても便利で楽です。

 

薬剤師専門の転職サイトは本当にたくさんあります。どれを選べばいいか迷うのは当然です。

 

そこで当サイトでは、調剤薬局への転職を考えている薬剤師さんにファルマスタッフをオススメしています。

 

ファルマスタッフは6万件以上の求人件数を扱う大手の薬剤師専門の人材紹介会社。
登録すると専任のキャリアコンサルタントがつき、あなたの希望に合致した求人をすばやく提案してくれます。

 

私が調剤薬局希望者へファルマスタッフを推薦する理由は2つあります。

 

一つ目は、調剤薬局に専門性が高いこと。
日本調剤という大手調剤薬局チェーンが運営してるからです。
日本調剤は調剤薬局を全国展開しており、調剤薬局経営のノウハウが蓄積されています。

 

もちろんファルマスタッフに登録したからといって、日本調剤に就職しなければならないということはありません。幅広く調剤薬局を紹介してくれます。

 

二つ目は、専任のコンサルタントが薬剤師さんと直接会って面談するという点です。
通常、キャリアコンサルタントは電話やメールでコンサルを行うのでとても珍しいです。それだけ「求職者の要求と求人をマッチさせる」ことを大事にしているのでしょう。

 

働きながらの転職活動は本当に大変です。「履歴書の書き方」「面接日調整」「年収交渉」など面倒な作業を代行してくれる人材紹介会社を使わないのは、非常に損してます。

 

「いまは転職する気はないんだけど」というあなたでも大丈夫。今の職場で働きながら求人を紹介してもらってじっくり検討してください。そして、「これぞ!」という求人が来たら、チャンスをとりにいってください!

 

 

ファルマスタッフで調剤薬局の求人をチェックする(※無料)

 

 

 

 

関連記事

 

また、業界別に薬剤師の平均年収をまとめました。ドラッグストア、病院、製薬会社、CROなどに興味のある方はご覧ください。

 

さらに、普通の薬剤師が年収1000万円を得る方法や、派遣薬剤師として高年収で働く方法も紹介しています。
こちらも参考にしてみてください。


調剤薬局の薬剤師 記事リストへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる


「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先