製薬会社の年収と労働環境

製薬会社の年収と労働環境

製薬会社の年収と労働環境

大金

 

 

製薬会社の年収は、一般的な薬剤師に比べて高くなる傾向があります。

 

各業界の平均年収は、だいたい下図のようになります。

 

調剤薬局約400〜650万円
ドラッグストア約400〜700万円
病院約400〜700万円
製薬会社約400〜800万円以上

 

 

 

初任給はそれほど変わりませんが、長く務めたり昇進すると、かなりの高給を得ることができます。

 

1000万円超えも狙えるMR

 

製薬会社の職種だけで比較すると、だいたい30歳時点で

 

  • MR  約550〜950
  • 研究  約600〜700
  • MR以外 約500〜600

 

となります。

 

MRはボーナス比率が高く、業績に連動するため、営業成績が高ければかなりの高年収を得ることができます。

 

また、大手企業ともなれば、30代で年収1000万円超えも夢ではありません。

 

その上、製薬会社は福利厚生(各種手当て、住宅補助、など)が充実しています。扱う商品は医薬品であることから不況に強く、他業種と比べて安定度は抜群です。定年まで長く働きたい人には、とても魅力的であるといえます。

 

MR以外の職種は始めの年収は抜群に高いとは言えませんが、昇進するなどマネジメント職になることで、年収を大幅に上げることができます。大手企業なら課長職で1500万円近い年収を期待できるとも聞きます。

 

やはり、調剤薬局やドラッグストアなど一般的な薬剤師と比べて、待遇はよいといえます。

 

年収が高い原因は、市場規模の違いといえるでしょう。

 

製薬会社の市場は全世界であり、一つの新薬が当たれば何千億と稼ぐことができます。また、医薬品は非常に利益率が高い商品であるため、社員にそれだけ還元できるのです。

 

しかし、調剤薬局やドラッグストアは日本のみの市場です。処方せん調剤にいたっては、困窮する医療財政のために利益率が抑制されざるおえません。

 

つまり、今後は大きく伸びることは期待しにくい市場なのです。

 

就職は簡単ではない製薬会社

 

製薬会社は待遇がよい分、就職するのも困難です。

 

武田やエーザイなどの大手企業ともなれば、薬学卒以外にも様々なバックグラウンドを持った学生が就職を希望するため、競争率は非常に高くなります。4次面接も珍しくなく、厳しいセレクションに勝ち抜いた人材だけが就職することができます。

 

MRは薬学部卒を採用する傾向が強く、比較的就職しやすい職種です。しかし、入社してからも厳しい競争を勝ち抜かなければなりません。

 

品質管理も薬学部卒を採用しやすいですが、学術は少なくとも大学院修士課程を卒業している必要があるようです。

 

また、一番難しいのは、研究職としての就職です。

 

研究職は採用枠が少なく、薬学部卒以外にも理学部、農学部、医学部など多くの人が希望します。薬剤師免許を持っていることはほとんど関係なく、博士号を持っていることは最低条件です。

 

「どこの大学で、誰の指導教官の元で、どういった研究を行ってきたか」が問われ、一番重要視されるのは研究成果です。学生から研究職を目指す人は、将来就職したい企業をよく研究して進学先を決めましょう。

 

大手の製薬会社で研究職に就きたいなら、一流大学を出ていることは必須です。
東大、京大がベストですが、最低でも旧帝大卒であることが望ましいです。

 

しかし、研究者を求める企業は、大手以外にも、中小企業、ジェネリックメーカーなど様々です。中小企業でもやりがいのある研究を行っている企業はあるので、そういった比較的小さな会社を狙うのも手です。

 

 

未経験で製薬会社に転職できる?

ビジネスマン

 

薬剤師の求人は調剤薬局や病院がメインです。

 

でも実は製薬会社って穴場なんですよ。

 

「普通の薬剤師から製薬会社って無理かな」と先入観を持つ人は多いのですが、そうでもないです。

 

製薬会社にはあなたの薬剤師経験を活かせるフィールドがたくさんあります。
研究開発はもちろんのこと、品質管理、学術、MRなど幅広い求人がそろっています。

 

また最近は製薬会社の臨床試験を代行支援するCROの勢いがすごく、薬剤師の求人が増えています。
挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

製薬会社の求人を探すには転職サイトを利用するのがベストです。

 

転職サイトを運営している転職エージェントは、企業と薬剤師を結びつける役割を担う企業です。
あなたに代わって、あなたの希望にそった求人を探してくれるのでとても便利で楽です。

 

企業求人を探すなら「リクナビ薬剤師」はチェックしておきましょう。

 

リクナビ薬剤師は、リクルートグループが運営する薬剤師専門の転職サイトです。

 

リクルートとは?

「株式会社リクルートホールディングス」を通称「リクルート」と呼びます。

 

薬剤師さんには、あまり馴染みがないかもしれません。

 

しかし、リクルートといえば、一般的な就活生ならまず知らない学生はいないくらい有名な企業です。
テレビCMでもよく見かけますよね。

 

リクルートグループが運営する「リクナビ」は、日本最大級の就職ポータルサイト。
就職活動をする大学生なら、まず登録しているサイトです。

 

大企業で働きたい薬剤師さんにオススメ

リクナビ薬剤師の特徴は、大企業に太いパイプがあること。
日本最大級の人材紹介会社であるリクルートグループが手掛ける転職サイトですから、やはり大手企業との関係は深いですよね。

 

当然、大企業に関連した薬剤師求人を多数保有しています。

 

製薬企業のMR、研究開発、学術、品質管理、CROでの臨床開発業務などに興味のある薬剤師さんは、登録しておくべき転職サイトです。

 

 

リクナビ薬剤師で製薬会社の求人をチェックする

 

 

 

 

関連記事

 

薬剤師の仕事は幅広く様々な選択肢があります。
業界別の平均年収をまとめましたので参考にしてみてください。

 

また、普通の薬剤師が年収1000万円を得る方法や、派遣薬剤師として高年収で働く方法も紹介しています。

 

 

MR→薬剤師 なら大丈夫!

MRとして活躍してきた人は、薬剤師に転職しても必ず成功できます!
私の経験から自信を持ってそう言えます。

 

その理由とは?→MRから薬剤師への転職は多い?成功できるのか?


製薬会社編  記事リストへ

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる


「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先