ドラッグストア薬剤師のメリット | 薬剤師の仕事研究室

ドラッグストア薬剤師のメリット | 薬剤師の仕事研究室

ドラッグストア薬剤師のメリット

白衣の少年

 

ドラッグストアは物販ビジネスです。

 

ですから、ドラッグストア薬剤師は、医療人として、また商売人としての能力を持たなければなりません。

 

ここでは、ドラッグストア薬剤師として働くメリットを紹介します。

 

 

(1) 小売業の基本が身につく

 

小売業の基本は「物を仕入れて売る」ということです。

 

これは商売の原点といえるでしょう。

 

平均的な規模のドラッグストア(売り場面積:約207坪、年商4億円)は、約1万7000点もの商品を扱っているといわれています。

 

商品には回転が速いものもあれば、遅いものもあります。

 

単価が安いものは回転が早く高いものは遅い傾向があります。

 

また、ブームやシーズンによって売れる商品も変化します。

 

そういった商品の特徴を、医薬品、健康食品、化粧品などカテゴリーごとに把握し、在庫を管理するのはかなり大変ですが、ドラッグストアで働くことで、小売業の基本を身につけることができます。将来、独立してビジネスを行う際に、必ず役に立ちます。

 

スポンサーリンク

 

(2) 様々な人とのコミュニケーション能力が磨かれる

 

ドラッグストアは多種多様な商品を扱うため、そこに関わる人達も多様です。

 

ドラッグストア薬剤師は製薬会社、食品メーカー、化粧品メーカー、卸業者などいろいろな人達と日々連絡をとりながら、業務を勧めていきます。

 

例えば、栄養ドリンクのメーカーが試飲会を行う際には、場所や日程などを担当者と話し合います。

 

化粧品の新商品が発売されれば、販促方法をメーカー担当者と一緒に検討します。

 

(3) マネジメント能力が身につく

 

ドラッグストアで地位を上げていけば、必然的に従業員のマネジメント能力を求められるようになります。

 

店長ともなれば、正社員、パート、アルバイトなど年齢、性別、境遇など多様な人々をまとめ上げなければなりません。

 

ドラッグストアは女性店員が多いため、繊細な対応を求められることもあります。

 

派閥、いじめなどいろいろな問題が起こることもしばしばです。それをなだめたりすかしたりしながらチームワークを高めていくことで、マネジメント能力が格段に向上します。

 

(4) ビジネスマナーが身につく

 

ドラッグストアはサービス業ですので、従業員はきちんとしたビジネスマナーを求められます。

 

とくに現在はデフレで物が売れない時代ですから、サービスの差が企業の優劣を決めると言っても過言ではありません。

 

大手チェーンほどサービスの重要性を分かっているので、新入社員には徹底したマナー研修を行います。

 

挨拶の仕方から笑顔の作り方、お辞儀の角度、接客用語の暗記、身だしなみなど厳密にマニュアル化され、社員はマニュアル厳守を徹底されます。

 

私はドラッグストアで働いた後、病院に就職したので、企業と病院のマナーの差に大きなカルチャーショックを受けました。病院はドラッグストアほどマナーを求められないからです。

 

しかし、病める人に接する病院だからこそ、マナーが必要なのではないかと思いました。

 

ビジネスマナーは仕事の基本であるので、ドラッグストアで学ぶことは将来必ず役にたちます。

 

(5) OTC医薬品、介護用品の知識が身につく

 

ドラッグストア薬剤師の最大のメリットです。

 

セルフメディケーションの推進により、今後はプライマリケアーの考えがより重要視されるはずです。病気を治すより、病気を予防するという価値観が国民に広がれば、カウンセラーとして頼られるのはドラッグストア薬剤師だと思います。

 

欧米で薬剤師が信頼される一番の理由は「健康や薬に関するアドバイスを、無料で、わかりやすく提供してくれる」ということだからです。OTC医薬品、健康食品、生活用品に詳しい薬剤師は、様々な視点からアドバイスをすることができます。

 

また、少子高齢化により、在宅医療の充実が求められています。高齢者は多くの慢性疾患をかかえ、多様な薬剤を服用しています。こうした高齢者をサポートするには、介護用品の知識も豊富な薬剤師の能力が不可欠です。

 

(6) 給料が高い

 

ドラッグストア薬剤師は、調剤薬局や病院と比べて給料が高いです。

 

新卒から年収500万を提示する企業は珍しくありません。

 

薬学部4年制から6年制に変わり、2年間新卒薬剤師が生まれない年がありました。

 

空白の2年間を経て2011年度の新卒採用では、各企業が薬剤師確保に躍起になり、新卒薬剤師の給料が高騰しました。マツキヨのように、新卒薬剤師に年収600万を提示した企業もあります。

 

ドラッグストア薬剤師の年収は会社の業績に左右されるため、定期昇給が望めない会社もあるでしょう。しかし、店長など管理職になれば、年収700万、800万以上を期待できます。

 

 

関連記事

ドラッグストア薬剤師のデメリット


このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる


「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先