業界別!薬剤師の平均年収まとめ | 薬剤師の仕事研究室

業界別!薬剤師の平均年収まとめ | 薬剤師の仕事研究室

業界別!薬剤師の平均年収まとめ

源泉徴収票

 

気になる!あの業界の平均年収

 

 

「どの業界で薬剤師として働こうかな」と考えている人にとっては、やりがいも大事ですが、給料も当然大事です。

 

やはり生活に十分な収入があって、人生を楽しめるというもの。

 

生活に困るような仕事では、仕事のやりがいも見いだせなくなってしまいます。

 

就職・転職を考えている薬剤師さんは、ご自身のライフスタイルと目指す業界の平均年収をすり合わせながら就職先を検討されるとよいと思います。

 

ここでは、薬剤師が働く業界別に平均年収などをまとめました。

 

 

ドラッグストア薬剤師の平均年収

ドラッグストア

 

ドラッグストア薬剤師の平均年収は約400〜650万円です。

 

年収推移のイメージ

 

まず、新卒は年収450万円くらいからスタートです。
ただし、これは「薬剤師手当」や「地方手当」といった薬剤師特有の手当がついた額であり、文系社員はもっと年収が低くなります。

 

また、大手のドラッグストアは薬剤師を確保するため、家賃補助光熱費補助がある企業も多いです。しかし、こういった補助は入社後5年くらいでなくなることが普通です。

 

ドラッグストアに入社して5年くらいたつと、年収500万円程度になります。

 

ドラッグストアの調剤併設店だと「管理薬剤師」を任されることがありますが、「管理薬剤師手当」は1万円など安いことが多いです。やはり、ドラッグストアは店長になって年収が急激にアップするのです。薬剤師は最初はいいが、店長など管理職にならないと年収が伸び悩む傾向があります。

 

入社5〜10年くらいで店長など管理職になります。
ただ、店長になれるかは文系社員との競争もあるので、確実ではありません。新卒時からきちんと働き、担当売り場の売上を上げる、すごく上手いポップがかけるなど上層部にアピールし認められることで、やっと店長になれます。

 

店長になると100万円単位でいっきに年収があがります。よって年収は600〜700万円と考えれます。

 

 

ドラッグストア薬剤師の年収を上げるには

 

一般社員であれば、残業するのがてっとり早い年収の上げ方です。

 

「残業かよ」と思うかもしれませんが、ドラッグストアはどこも薬剤師が不足しているので、残業する機会がたくさんあります。

 

私の場合、10時間労働が1週間続いたことがありましたが、手取りはすごいことになってました。

 

ドラッグストアの薬剤師として年収を上げるには、ある意味「薬剤師」であるという認識を捨てたほうがいいです。

 

ドラッグストアは小売業であり、商売なのです。

 

「調剤薬局も病院も営利目的であれば商売じゃないか」と思われるかもしれませんが、こういった業種はまだ医療色が強く、「なんとしても売上を上げる」という姿勢が求められません。

 

しかし、ドラッグストアの薬剤師には「商売人としてのスキル」が求められるので、いかに売上を上げるかを常に考えなければなりません。大学で学んできた薬学も、「売上を上げるためにどう活用するか」という発想が必要です。そして結果を出せた社員が上から認められ出世していきます。

 

ドラッグストアを目指すなら、やはり大手を狙ったほうがいいです。

 

大手ほど年収が高くなりますし、仕事の幅も増えます。最近では中国や韓国に出店しているドラッグストアもあるので、マネージャークラスを目指すならやりがいがあるといえるでしょう。

 

 

関連記事

ドラッグストア薬剤師の年収と労働環境

 

ドラッグストアの売上高ランキング(平成25〜26年)

 

順位 企業名 売上高(億円)
1位 マツモトキヨシホールディングス 4953
2位 サンドラッグ 4478
3位 ツルハホールディングス 3884
4位 コスモス薬品 3718
5位 スギホールディングス 3652
6位 ココカラファイン 3493
7位 ウェルシアホールディングス 3343
8位 カワチ薬品 2426
9位 クリエイトSDホールディングス 1974
10位 アインファーマシーズ 1702

 

 

ドラッグストア平均年収ランキング(平成25〜26年)

 

順位 企業名 平均年収(万円)
1位 マツモトキヨシホールディングス 778
2位 ウェルシアホールディングス 761
3位 スギホールディングス 713
4位 ツルハホールディングス 700
5位 メディカルシステムネットワーク 663
6位 ファルコホールディングス 632
7位 ココカラファイン 610
8位 ファーマライズホールディングス 559
9位 日本調剤 552
10位 アイセイ薬局 531

 

年収ラボより

 

 

調剤薬局薬剤師の平均年収

薬局薬剤師

 

調剤薬局の薬剤師の平均年収は約400〜650万円とされています。

 

年収推移のイメージ

 

ここでは純粋に調剤薬局チェーンをイメージしてみます。

 

調剤薬局チェーンの大手といえば、日本調剤アイセイ薬局が有名です。

 

こういった調剤薬局チェーンに新卒から入社した場合、だいたい年収400万円からスタートします。

 

そして5年目〜10年目で年収500万円ほどになります。

 

調剤薬局の店長は薬局長なので 、薬局長になると100万単位で年収が上がることもあります。目安としては600万円ほどです。

 

調剤薬局の薬剤師は定期昇給が少ないです。

 

女性が多い職場なので、20代後半で女性薬剤師が結婚などで退職すると、また新卒の女性薬剤師を入れて店を回していく、というイメージです。

 

正社員の管理職だけが男性薬剤師で、その他の一般薬剤師は女性薬剤師のパート、という構成の調剤薬局も珍しくありません。会社としても、なるべく正社員を減らしてパートを使ったほうが経営上よいのです。

 

男性薬剤師なら薬局長を目指すべきです。管理職手当などで年収があがります。
ただ、調剤薬局の薬局長は、事務員からパート薬剤師、正社員の女性薬剤師まで「女性を上手く使う」能力が求められます。

 

調剤報酬の減少による影響は?

 

少子高齢化によって、医療財源が厳しいことは周知の通りです。

 

病院、歯医者、調剤薬局は国民から集められた財源から成り立っているので、その財源が厳しい今、保険点数の奪い合いが起こっています。

 

当然、医療の世界では医師会が最も大きな力を持っているため、診療報酬に回される財源は多くなります。そのために調剤薬局の調剤報酬はどんどん減らされていると言えます。

 

今後もこの流れは続くでしょう。一昔前と違って、薬価差ではまったく利益がです、薬剤師の技術料に頼るしかない状態が現在の調剤薬局です。調剤報酬が減らされれば、薬剤師の給料にも影響がでるでしょう。

 

大手ドラッグストアの処方せん調剤市場への参入は?

 

大手のドラッグストアの調剤事業への参入も、調剤薬局チェーンにとっては脅威です。

 

処方せん調剤はまだまだ儲かる事業なので、スギ薬局やマツキヨといった大手ドラッグストアが続々と処方せん調剤に参入しています。

 

もっとも、「門前薬局」という病院の目の前に調剤薬局を構える形は日本独特であり、米国ではドラッグストア併設の調剤薬局が主流です。今後、日本もこのような調剤薬局の形が増えていくと予想されています。

 

調剤薬局薬剤師が年収をあげる方法

 

調剤薬局の薬剤師として年収を上げるなら、まず薬局長を目指します。
薬局長になれば年収600万円ほどになりますし、その上のエリアリーダーやブロック長といった数店舗の管理職になれば、700万、800万も可能です。

 

ただ、そのためにはなるべく大手の調剤薬局に入社したほうがいいでしょう。

 

 

関連記事

調剤薬局薬剤師の年収はどうしたら上がる?労働環境は働きやすい?

 

 

普通の調剤薬局の薬剤師でも年収1000万を得ることができる

 

普通に就職しては、薬剤師として年収1000万円を得ることは難しいです。

 

しかし、転職エージェントなどを使って高額求人を探すこともできます。

 

普通の薬剤師が年収1000万円を得る方法とは?

 

 

病院薬剤師の平均年収

病院薬剤師

 

病院薬剤師の平均年収は約400〜700万円ほどです。

 

年収推移のイメージ

 

病院薬剤師の年収は、新卒時はかなり低く、だいたい350万円くらいからスタートというところです。

 

ただ、病院はいい意味でも悪い意味でも高度経済成長期の日本企業のあり方を踏襲しているところが多く、「定期昇給」がきちんとあります。

 

だいたい10年めで550万円、薬局長で600〜700万円というのが普通です。

 

国立病院か民間病院か

 

病院は「国立病院」か「民間病院」かによってもシステムが違います。

 

国立病院の薬剤師は公務員に分類されるため、初任給は低いですが、きちんと昇給があります。

 

対して、民間病院は病院によって昇給も福利厚生もまちまちで、定期昇給がない場合もあります。ここは、転職を考える場合きちんと確認しておきましょう。

 

ただ、民間企業もまた、公務員の昇給制度に準じていている場合が多いです。

 

 

長く勤めてそこそこ安定した年収を

 

病院薬剤師は高給とはいえませんが、定期昇給で確実に年収が上がっていくという安心感はあります。

 

そのため、新卒から定年まで務め上げる薬剤師も多いです。

 

関連記事

病院薬剤師の年収と労働環境は?将来はどうなる?現役薬剤師が解説

 

製薬会社の平均年収

MR

 

製薬会社は職種によって違いますが、普通に薬剤師をやるより高年収です。

 

だいたい30歳時点で

 

  • MR:約550〜950万円
  • 研究職:約600〜700万円
  • MR以外(品質管理、学術など):約500〜600万円

 

といわれています。

 

年収1000万円を狙えるMR

 

薬学部を卒業して製薬会社に入社する場合、もっともポピュラーな職種がMRです。

 

MRは医薬品の営業職であり、医師を訪問して新薬の情報を提供するなど高い学識が求められる仕事です。

 

営業職であり「売上」という結果を求められるので当然仕事は大変ですが、結果をだせば高い報酬を得ることができます。MRはボーナス比率が高いため、売上を上げればすぐに給与に反映されるのがやりがいともいえます。

 

製薬会社で大手といえば武田エーザイであり、30代で年収1000万円超えも夢ではありません。

 

 

関連記事

製薬会社の年収と労働環境

 

製薬会社売上高ランキング(平成25〜26年)

 

順位 製薬会社 売上高(億円)
1位 武田薬品工業 16916
2位 アステラス製薬 11645
3位 第一三共 11187
4位 大塚ホールディングス 10350
5位 エーザイ 6003
6位 中外製薬 4236
7位 田辺三菱製薬 4126
8位 大日本住友製薬 3876
9位 興和 3596
10位 協和発酵キリン 3406

 

年収ラボより

 

製薬会社平均年収ランキング

 

順位 製薬会社 平均年収(万円)
1位 大塚ホールディングス 1104
2位 シンバイオ製薬 1087
3位 エーザイ 1040
4位 第一三共 1036
5位 アステラス製薬 1035
6位 キョーリン製薬ホールディングス 980
7位 武田薬品工業 943
8位 中外製薬 927
9位 大正製薬ホールディングス 896
10位 小野薬品工業 873

 

年収ラボ より

 

 

CROの平均年収

CRO

 

CROとはContract Research Organization (受託臨床試験実施機関)と言われ、製薬会社の治験業務を支援する機関のことです。

 

CROには様々な仕事があります。有名なものとしては

 

  • CRA(Clinical Research Associate)
  • DM(データマネジメント)
  • QC(クオリティーコントロール)
  • 安全管理

 

があります。

 

CROの平均年収

 

CROには上記のように様々な職種があるので、平均年収も職種によって変わってきますが、だいたい約550万円とされています。

 

ただ、あくまでこれは平均です。

 

新卒の場合は450万円からスタートですが、大手のCROで管理職になったり、外資系CROに転職したりすると年収1000万円以上を実現できる業界です。

 

CROは臨床試験を代行する企業であり、市場が世界規模です。そのため、高い年収を得ることができるのです。

 

ただ、薬剤師から転職する場合、CRAからキャリアをスタートする場合がほとんどですので、今回はCRAの平均年収について説明します。

 

CRAとは

 

CRAはモニターとも呼ばれ、治験を依頼する医療機関と連絡をとりあう役割を担います。
治験の契約からモニタリング業務、CRF(症例報告書)チェック・回収等、治験を進める上で重要な役割を担う営業職です。

 

CRAの年収推移

 

始めてCRAになる場合は、年収450万円からのスタートが多いです。

 

ただこれはあくまで基準であり、「看護師でがん領域の経験豊富」「病院薬剤師で中枢神経系の領域に強い」「社会人経験」「年齢」「英語力」などによって、年収が増えることもあります。

 

CRA経験者(3〜5年)だと、年収500〜600万円を提示される場合もあります。CRAは転職を重ねたほうが年収が上がることが多いので、落ち着くまでに2〜3回転職することなどザラです。

 

CRAとして管理職になり部下をもつようになると、さらに年収が上がります。800万円〜1200万円と高給を得ることができるのです。

 

CRAは部長クラスで1000万円前後の平均年収といわれています。

 

 

関連記事

CRAの年収はどうしたら上がるのか?CRA経験者が解説

 

外資系+英語力で年収1000万超えも

 

CRAの年収を決める上で重要なものは

 

  • 管理職経験
  • 求められる疾患領域での経験(オンコロジー、中枢神経系など)
  • 英語力

 

です。

 

こういった能力が高い場合、外資系CROに転職すると、年収1000万円以上の破格の待遇で迎え入れられます。
外資系CROは、パレクセル、クインタイルズが有名です。

 

 

関連記事

英語を必要とされる薬剤師の仕事とは?

 

上場企業CROの平均年収

 

企業名 平均年収 平均年齢
シミックホールディングス(株) 803万円 41.7歳
イーピーエス 566万円 34.1歳
(株)リニカル 678万円 32.2歳

2014.7月 yahoo!ファイナンス企業情報

 

 

年収を重視して転職を考えるなら、転職サイトが便利

 

「なるべく高年収の仕事に就きたい!」誰もがそう思いますよね。

 

でも、思っているだけではダメです。普通に企業に応募するだけでは、年収って上げづらいんです。

 

求人を比較検討したり、企業との年収交渉が必ず必要になります。
ただ、これを個人でやるのが大変なんですよね…

 

しかし、薬剤師の転職サイトを使えば大丈夫です。
転職サイトは、人材紹介会社が運営している転職支援サービス。求職者と企業を結びつける仕事をしています。

 

薬剤師専門の転職サイトの最大の特徴は「専属のキャリアコンサルタントがつく」こと。彼らは薬剤師転職のプロであり、あなたに代わりにあなたの要望に合う求人を探してくれます。

 

さらに履歴書の添削面接の調整年収交渉など面倒なことをすべて無料で行ってくれます。こんな便利なものがあるのに、使わないのはもったいないです。

 

では、転職サイトはどこがいいのでしょうか?

 

やはり、業界最大手の薬キャリは登録しておきましょう。

 

薬キャリは10万人以上の薬剤師が登録している老舗転職サイト。薬剤師の登録者数はNo.1です。
保有している求人数は3万件以上であり、ドラッグストアから調剤薬局、病院薬剤師まで幅広く求人をそろえています。

 

特徴として、薬キャリは病院薬剤師の求人に強いです。
薬キャリを運営しているエムスリー株式会社は、医療機関(医師)を支援するサービスがメイン事業です。20万人以上の医師が登録している「m3.com」が有名ですね。
つまり、医療機関とのパイプが太いので、病院関連の求人が多いのです。

 

さらに、薬キャリは高年収の薬剤師求人に強いです。

 

私も2度の転職活動で、薬キャリはメインで使いました。
転職を考えはじめたら、まず登録しておきたい転職サイトですね。

 

薬キャリで高年収の求人をチェックする(※無料)

 

転職サイトは複数登録が基本

 

一つの転職サイトに絞って求人を探す方法はもちろんOKです。信頼できるキャリアコンサルタントに出会えたら、全面的に任せるべきでしょう。

 

しかし、人材紹介会社はそれぞれ得意分野があり、扱うジャンルも若干違います。それなら、なるべく複数の転職サイトに登録して、幅広く求人をみたほうがいいです。

 

私は5社の転職サイトに登録して情報を得ていました。転職した薬剤師数人に聞いてみたら、やはり3社程度は登録していましたね。

 

当サイトでは、私の利用したものも含めて、オススメの転職サイトを紹介しています。参考にしてみてください。

 

関連記事

普通の薬剤師が年収1000万円を得る方法とは?


失敗しない薬剤師転職!


キャリアコンサルタント


転職活動は面倒で苦労が多いものですよね。
しかし、その負担をずっと軽くする方法があります。
それは、キャリアコンサルタントに相談すること。
転職サイトに登録すると、専属のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらうことができます。
求人紹介面接調整年収交渉などなど、面倒なところを代行してくれます。


転職サイトは無料で利用できるとても便利なサービス。
質のよい転職サイトの特徴と使い方を知っておきましょう。
薬剤師の転職サイトの詳しい情報をみる



「なりたい私(薬剤師)になる!」


なりたい薬剤師


薬剤師のあなた!転職に悩んでいませんか?


サイト管理人の私にその悩み、聞かせてください。
詳しくはこちらまで→サイト管理人の無料転職相談を受けてみる



◆◆記事を書いてくれるライターさん募集◆◆


薬剤師さんの仕事紹介、体験談に関する記事を書いてくれる方を募集しています。


詳しくはこちらまで→ライターさん募集!あなたの経験を記事にしませんか?

 

薬剤師の転職アドバイス編トップへ戻る

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

薬剤師が転職する前に
薬剤師にとってやりがいのある仕事とは
自分に合う仕事はあるか
薬剤師は将来過剰になるか? 【2017年版】
尊敬できる薬剤師 10の特徴
ダメな薬剤師 10の特徴
転職に失敗する薬剤師の特徴とは?
志の高い薬局経営者の元で働いたほうが良い理由
薬剤師の転職を成功させるために
薬剤師の転職の流れを把握しよう
薬剤師専門の転職サイトを賢く利用しよう
フリーメールを取得しよう
薬剤師におすすめの転職サイト完全版!「2017年」
英語を必要とされる薬剤師の仕事とは?
もう薬剤師辞めたい!新人薬剤師に伝えたい私の体験談とアドバイス
普通の薬剤師が年収1000万円を得る方法とは?
管理薬剤師の仕事とは?年収は?転職に有利?
転職を繰り返す薬剤師はダメ?不利になるのか?
薬剤師が転職するのにかかる期間はどれくらいか?
なぜ薬剤師の仕事はつまらないのか
薬剤師の職場の人間関係はなぜ辛い?良い人間関係を築くコツとは?
転職に失敗した薬剤師さん。それって後悔することですか?
一人薬剤師は耐えられない!悲惨な現状とは?
病院薬剤師が合わない人は自分の性格を見つめてみるべき
薬剤師さん!ブラック薬局からはすぐ転職すべきですよ!
薬剤師の派遣の時給はなぜ高い?メリット、デメリットは?
薬剤師の転職で感じる「怖さ」の正体とは?
「いつも調剤ばかり!」と嘆く薬剤師は生き残る
商売人たれ!ドラッグストア薬剤師への転職を考える。
「調剤過誤で辞めたい…」薬剤師さん。あなただけの責任じゃない。
未経験で病院薬剤師へ転職できるのか
マイナビ薬剤師の評判は?私の転職サイト体験記!
「薬剤師の仕事研究室」管理人の転職相談室
薬剤師の求人はどう探す?私が実践した方法を紹介
調剤薬局薬剤師への転職を考える
専門薬剤師、認定薬剤師はキャリアアップになる?転職に役立つのか
新人薬剤師の転職相談に現役薬剤師が真剣に答えてみた
MRから薬剤師への転職は多い?成功できるのか?
ママ薬剤師の復帰!悩みは?ブランクでもOKな働き方は?
なぜ薬剤師の年収は上がらないのか?
新人薬剤師は病院薬剤師を経験しておこう!その理由とは?
ドラッグストア薬剤師から病院薬剤師への転職は可能なのか?
病院薬剤師からの調剤薬局へ転職は有利?評価されるのか?
調剤薬局の薬剤師は病院薬剤師に転職できるのか?
薬剤師が転職する時、避けるべき時期とは?
薬剤師は有給をとりにくい?有給をとれる職場を選ぶには?
薬剤師の労働時間は長すぎる!原因と解決策とは?
薬剤師から未経験でCRAへ転職!CRAの仕事に必要な能力とは?
薬剤師が未経験からCRCに転職できるのか?CRC経験者が解説
精神科薬剤師へ転職!仕事に必要な3つの能力とは?
地方の薬剤師のほうがやりがいを感じやすい理由

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 薬剤師の転職アドバイス編 薬剤師の転職サイト紹介 連絡先